FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

秘湯イベントにて司会進行役♪

本日、有楽町・朝日マリオンの会議室で、朝日旅行さんの、秘湯イベント。
皆さんの聞き手役をさせていただきました。

朝日旅行そして秘湯を日頃からご愛顧いただいているお客様に、宿泊券その他が当たるプレゼントも!
32240299_1339531429480612_5948225032864923648_n.jpg

ページのトップへ

中房温泉へ

90℃超のお湯を、水を入れずに薄めるにはどうしたらいいのかー?

地下で薄まっているか、地上に出てから水が入るかの違いだけ、という専門家もいらっしゃるけれど、ここの温泉が、加水なしで適温を実現した15年ほど前、肌触りの違いに驚いたものだった。
31960053_1335847689848986_4845433029327323136_n.jpg

今日は残念ながら雨。
星空も夕焼けも見られなかったけれど、GW中ずっとパソコン漬けだった頭に血が通う( ;∀;)
31956132_1335847706515651_4329249170905890816_n.jpg

11年前に朝日新聞に書いた自分の記事のコピーも発見。
新聞記事は貼ってもらってたくさんの人に読んでもらえるのが嬉しいですね♪
31958446_1335847709848984_2962924064349356032_n.jpg

ページのトップへ

日経プラス1 三朝温泉を紹介I


2018年4月21日号で、鳥取県・三朝温泉の木屋旅館を紹介しました!

ラヂムリエが変える湯治。

お湯と修験道のお山で心身再生できるステキな湯の心旅です



ページのトップへ

旅行読売 『1万円の極上宿』

旅行読売出版社の『1万円の極上宿』にコラム執筆しました。
DSCF6732.jpg

月刊誌に掲載された、厳選宿45軒+αをまとめた増刊号で、わたしのご紹介は、大分県・由布院温泉の「由布院いよとみ」さん。

&コラム「1万円の極上宿」を、温泉愛溢れる、藤田聡さん、郡司勇さんとともに書かせていただきました。
そして、ひなびた温泉研究所ショチョーの岩本薫さんのコラムも面白い。
DSCF6734.jpg

みなさん、温泉愛が文章からも溢れまくってます(笑)・・・

ページのトップへ

日経プラス1の連載始まりました♪

どこかに出かければ、ただそれだけで嬉しかった年代はとうに過ぎて、「おいしい・楽しい・気持ちいい」だけの旅じゃなくて、もっと本質的なものを求めるようになってきた。

日本経済新聞の土曜日版「NIKKEIプラス1」で月1回の連載をスタートしました。

タイトルは、「湯の心旅」。
29249713_1291352647631824_4314870799933469122_n.jpg
私自身が求めている、
心を大きく揺さぶるような出会い、心身が蘇るような旅、人生に衝撃を与えるような旅。そんな湯の旅を紹介していきたいと思っています。

1回目は熊野古道と湯の峰温泉。
29249766_1291352650965157_5883611984983852380_n.jpg

熊野詣での効果が、この連載にもつながった、と感じています。

第3週を担当します😁ぜひ読んでくださいませ〜!

ページのトップへ

国立公園満喫プロジェクトの会議

環境省にて、第7回国立公園満喫プロジェクト有識者会議。

29103931_1286256324808123_8903316149409239655_n.jpg
先行8公園の取り組み状況と今後の予定、今年8月にまとめる中間評価について、調査の指標についてなどが話し合われました。

今日は、涌井史郎座長の隣の席だったので、会議が始まるまでの時間で涌井さんオススメのパワスポ観光地をお聞きしたり、

星野リゾートの星野佳路社長の子供の頃のスケートリンクの思い出をお聞きしたり、

かなり、面白い話が聞けた。役得〜(^^)

ページのトップへ

奥会津の温泉


「風呂に魅かれて」早速来月旅をする人がいる、と編集部から電話があった。それも、古美術だか、陶芸だかお偉い先生のおメガネにかなった模様。

写真はカメラマン撮影でも何でもない、私の写真。なので、写真のチカラではなく、風呂そのもののチカラによるところが大きい。

昨年、プレスツアーでお呼びいただいた奥会津・西山温泉。

ウェブでは取り上げたけれど紙にできていなかったので、紙にできてよかった!

そして、あそこに行きたい!と思ってくれる人がいるのも励みになる。
28783093_1279780575455698_1245402396446369437_n.jpg

ページのトップへ

フレンチと日本酒をカップリング♪

ノンストップ・怒涛の撮影日でした。
日本三大薬湯の一つ、新潟は松之山温泉・玉城屋旅館にて。
28467915_1277101365723619_2022010939473858444_n.jpg

六本木のフレンチレストラン『リューズ』の遺伝子を受け継いだ里山のフレンチを日本酒とカップリングする新スタイル。

28378792_1277101369056952_6477331949649624430_n.jpg

いやいや。宿で、デザートとプレデザートが出てくる宿って初めて。

2月24日プレオープン、
今日から本格オープンのフレンチをお先に❗️

平成18年、11年ものの「鶴齢」にあわせるのは、ホタテとアスパラ、フキとマスタードのソース。深みのある熟成酒とフキのほろ苦さが◎
28577620_1277101372390285_7360862074004503014_n.jpg

「あべ」のイエロー純米吟醸生原酒一本〆の平成27年8月ヴィンテージはいまはもう手に入らないレア酒。甘ウマ系で酸味があるのでお肉と相性よし。

お酒を飲める人が喜ぶレア酒が何かしら入ってる「ペアリングプラン(全部の料理に酒をつけてくれる)は事前予約が4000円、当日は7000円。

2人で18種の日本酒を先に出す「のんべえプラン」は、事前予約で一人4000円。

わたしはまったく飲めないんだけど、おいしいお酒はなぜだか進む。

客室2室もリニューアルされ、いい感じに進化中。

そして、温泉は石油みたいな、独特の匂いのする薬湯。
この日はふたたびの雪が降り出して、雪見露天。
強烈な個性派温泉。しっとり、すべすべになる美肌湯です♪
28378199_1277101362390286_4251527216169156328_n.jpg
28377929_1277101445723611_8610313354165004436_n.jpg

ページのトップへ

女のひとり旅♪

宝島社の『大人のひとり旅』で、
「女性ひとり旅でも安心な宿20軒」、
ご推薦させていただきました❗️
28378200_1275162899250799_1191505365457827825_n.jpg

出版社のひとり旅特集といえば、
1万円以下とか1万5000円以下と指定されることが多くて、
「え? そんな金額じゃあ、大満足ってワケにはいかないよ」といつも思ってたわけで。。。

今回は縛りがなかったので、もうちょっと高めの設定まで幅を広げさせてもらいました。(それでもせいぜい2万円台)
女ひとり旅は、やっぱり雰囲気とか空間とか、目にみえないものが大事だね^ ^
28279069_1275162902584132_6490777575825864899_n.jpg

ページのトップへ

ロウリュで汗だく!

冬はほとんどといっていいほど、汗はかかないわたしが、汗だくになる、汗かきイベントといえば。。。

綱島温泉の湯けむりの庄にて、12時~行われる岩盤浴エリアのロウリュイベントに参加して来ました。

温められた石にアロマ水をかけ、その蒸気を循環させることで、体感温度をあげ、発汗を促すフィンランド生まれの健康法。

上にいけばいくほど、熱く感じます。

湯けむりの庄では、大小のうちわを使って、男性と女性が2名で熱波をサービス!

「風」の部屋には、50名ほどいたでしょうか。
部屋全体が終わると一人一人に熱波であおり、さらに希望者には2巡目のサービス!

この時点で、すでに、全身滝の汗!!
普段はほぼ汗をかかない私ですが、まるで、水浴びしたかのように、ダラダラと水滴が。。。

でんじろう先生監修の、空気砲とかいうのもあって、楽しい雰囲気を演出していました。

クールダウンをする氷の部屋でも、あおぐサービスがあるというけれど、すぐに退散。お風呂へと直行しました。

湯けむりの庄で一番人気は、黒湯に、炭酸ガスを溶かし込んだ、炭酸琥珀湯。ハイブリッド型温泉と宣伝されてましたが確かにこれは、イイ?

ぬるめで長く入っていられそうなお湯ながら、炭酸ガスの泡に全身包まれると、あっという間に体温が上昇して身体の巡りがよくなります。

右肩にしびれを感じていたのですが、炭酸泉でスッキリ!
ちょっとした不調は普段からケアしておくべきですね!

そして、食事処も広い&和める&ゆったりできます。

もう、ここは、日帰り入浴施設の域は超えてます。ホテルっぽいです。ロビーもそんな感じ!

家でチマチマと仕事するより、ここに来て、仕事する方がはかどりそう笑

ページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。