温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

温泉粥

湯の峰温泉あづまやの料理には温泉水が使われています。
野菜本来の甘みが引き出され、煮物はふっくら。ゴマ豆腐はもっちり味わい深く、ご飯はもちもち、熊野牛は驚くほどの柔らかさ。

そして朝ごはんには温泉粥がでます。
IMG_1090.jpg

温泉の味が凝縮したお腹にやさしい粥は温泉だけで炊いた粥。何杯も食べれそうですがおかわりする人は事前の予約が必要。
お料理がおいしく仕上がる温泉水はもちろん、体にもよく効きます。

90度以上の源泉を加水せずに入れるさまし湯は成分が体にジンジン浸透してくるのが分かります。

泉質は含硫黄ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉。
体がよくあたたまり、関節痛、リウマチなどにいいそう。女将さんが数日前に足をくじいてしまったのも、さまし湯につけてだいぶよくなったそう。皮膚への効果も高く、硫黄や重曹成分が皮脂を溶かして汚れを取り去りしっとりすべすべになります。まさに熊野古道の湯垢離場として栄えてきた温泉ですね。
スポンサーサイト

ページのトップへ
 

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ページのトップへ