FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

ホルモン力が人生を変える

今日インタビューをさせていただいた帝京大学医学部の堀江重郎先生は、男性の健康医学のプロフェッショナルで、日本初のメンズヘルス外来を開設した先生。

小学館から『ホルモン力が人生を変える』という本を出されたので、さっそく著書をお借りしてきました。

本の帯には 「儲かってる株式トレーダーは男性ホルモン値が高かった!」というなんとも魅力的な文字。

ほかにも、男性ホルモン値が高い人は「おしゃれ」「決断力がある」「言葉が短い」「道具に凝る」・・・などなど。
うんうん、そういう人って好き~。

男性ホルモン「テストステロン」が減少すると、性的な問題だけでなく、不安になったり、イライラしたり、気力がなくなったり、メタボにもなりやすく、さらには生活習慣病のリスクも高くなるんですって。へえ~。男性ホルモンが健康に影響を与えるとは知らなかったなあ。

帰り際、「人差し指と薬指、どちらが長い?」と質問をされました。

私の手は薬指の方が断然長いでーす!

なんと。薬指が長い女性はテストステロンの値が高いんですって。びっくり。
女性の場合、人差し指の方が長いか、人差し指と薬指の長さが同じ人が多いそう。

よく男っぽいといわれますが、医学的にも証明されるんですね(笑)。
薬指が長い人はアグレッシブで、チャレンジをしたり、組織に縛られるのを嫌うようです・・・。

まあ、フリーで仕事をしようなんて人たちは、みんな薬指の方が長いのかもしれませんね。

この本、まだ全部読み切っていませんが、おもしろそうです。
スポンサーサイト



ページのトップへ
 

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ページのトップへ