FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

屋久島の器

20091102210026
屋久島で焼いた器が届きました。

屋久島焼は、鉄分の多い土を釉薬をかけず薪の窯でやきあげる焼〆の器で、窯の中に珊瑚を入れることでより深い色に仕上がるそう。
サンゴっていうのが南の島らしいですね。

陶芸体験は手びねり、ロクロ両方できますが、それぞれ1500円、2000円とリーズナブルな料金設定。色も15種類の釉薬から選べます。
ロクロで体験できるところは少ないので、今回はロクロで挑戦。肌目もきれい。
飯茶碗のはずが、ちょっと大きめでしたが、いつもよりも形もきれいにできました。
スポンサーサイト



ページのトップへ
 

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
返信

horkew様

きちんとお話を伺っていないので、どの器にどのような使われ方をしているのか詳細はわからないのですが、サンゴ礁の海をイメージした青い器はサンゴを釉薬に使っているようです。

nozoe | URL | 2009年11月10日(Tue)00:34 [EDIT]

きれいです

nozoeさま、こんにちは。

すごいです。
やったことはありませぬが、ロクロが難しいのは分かります。

白い器の方を、飯茶碗にすると良さそうですね。


窯の中にサンゴを入れるというのは、サンゴを焼くということでしょうか!?
ほんに南の島ならではのことですね。

horkew | URL | 2009年11月09日(Mon)10:15 [EDIT]

ページのトップへ