FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

とことん関わるってステキな生き方だと思います♪

「同じのを3部! 誰か知っている人でものっているんですか?」
毎月、保存用の掲載紙をコンビニに買いに行く。

同じのを3部買おうが、普通の店員はわざわざ話したりはしないけど、こうやってコミュニケーションとってくれるオバちゃんが地域にいるって嬉しいこと。
67080452_1908547645912318_2014971928254611456_n.jpg

先日取材した貝掛温泉にも、
探さなくてもむこうからしゃべりかけてくれるおばちゃん(というかおばあちゃん)がいました。

67411911_1908547825912300_1162871290269270016_n.jpg

67302884_1908547795912303_6410738675012861952_n.jpg

そんな話を載せています。
女風呂は撮影できないんで、写真撮ったのは男風呂ですが。

雨の中、ちょっと止んだ瞬間に撮影できました◎
67367146_1908547682578981_2660502141294084096_n.jpg

スポンサーサイト



ページのトップへ

新聞の反響


仕事をしていて、一番嬉しい瞬間。

【お客様からの反響があった】というとき。

私がこの仕事をし始めた2006年、フリーになりたての頃は、今ほどネットの力がすごくなかったから、紙媒体がそれなりに力を持っていた。

だけど、徐々に、悲しいかな、紙媒体が力をなくしていった。制作している私の方も、反響を確かめることもいつしかしなくなっていた。

それが。。。
今描かせてもらっている日経新聞は、別格。

「朝から夕方16時くらいまで電話が鳴り止まず、びっくりして」と取材先である宿の人から、わざわざお礼の電話をいただいたのは、実は初めてではなく、3回目。

先日取材した箱根湯本の宿は、
当日だけで、40件くらいの電話。
ファクス、インターネット予約まで含めると100件の問い合わせがあった、と。しかも、首都圏のみならず、鹿児島や兵庫、北海道など10を超える都道府県から。

読者にとっての有用な話題を提供できて、反応してくれる人がたくさんいることに、著者としてフツフツと嬉しさが込み上げてきて、一人にんまりとしてしまうのである?



ページのトップへ