温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

女のひとり旅♪

宝島社の『大人のひとり旅』で、
「女性ひとり旅でも安心な宿20軒」、
ご推薦させていただきました❗️
28378200_1275162899250799_1191505365457827825_n.jpg

出版社のひとり旅特集といえば、
1万円以下とか1万5000円以下と指定されることが多くて、
「え? そんな金額じゃあ、大満足ってワケにはいかないよ」といつも思ってたわけで。。。

今回は縛りがなかったので、もうちょっと高めの設定まで幅を広げさせてもらいました。(それでもせいぜい2万円台)
女ひとり旅は、やっぱり雰囲気とか空間とか、目にみえないものが大事だね^ ^
28279069_1275162902584132_6490777575825864899_n.jpg

スポンサーサイト

ページのトップへ

ロウリュで汗だく!

冬はほとんどといっていいほど、汗はかかないわたしが、汗だくになる、汗かきイベントといえば。。。

綱島温泉の湯けむりの庄にて、12時~行われる岩盤浴エリアのロウリュイベントに参加して来ました。

温められた石にアロマ水をかけ、その蒸気を循環させることで、体感温度をあげ、発汗を促すフィンランド生まれの健康法。

上にいけばいくほど、熱く感じます。

湯けむりの庄では、大小のうちわを使って、男性と女性が2名で熱波をサービス!

「風」の部屋には、50名ほどいたでしょうか。
部屋全体が終わると一人一人に熱波であおり、さらに希望者には2巡目のサービス!

この時点で、すでに、全身滝の汗!!
普段はほぼ汗をかかない私ですが、まるで、水浴びしたかのように、ダラダラと水滴が。。。

でんじろう先生監修の、空気砲とかいうのもあって、楽しい雰囲気を演出していました。

クールダウンをする氷の部屋でも、あおぐサービスがあるというけれど、すぐに退散。お風呂へと直行しました。

湯けむりの庄で一番人気は、黒湯に、炭酸ガスを溶かし込んだ、炭酸琥珀湯。ハイブリッド型温泉と宣伝されてましたが確かにこれは、イイ?

ぬるめで長く入っていられそうなお湯ながら、炭酸ガスの泡に全身包まれると、あっという間に体温が上昇して身体の巡りがよくなります。

右肩にしびれを感じていたのですが、炭酸泉でスッキリ!
ちょっとした不調は普段からケアしておくべきですね!

そして、食事処も広い&和める&ゆったりできます。

もう、ここは、日帰り入浴施設の域は超えてます。ホテルっぽいです。ロビーもそんな感じ!

家でチマチマと仕事するより、ここに来て、仕事する方がはかどりそう笑

ページのトップへ

みたまの湯



フォッサマグナ(大地裂帯)の地下深部の開口割れ目から湧き出てきたアルカリ性単純温泉。濃い紅茶色のよく温まる温泉で、標高370メートルの高台から、甲府盆地、北岳、八ヶ岳など、南アルプスの山々が望めます?




露天の上段は、源泉かけ流し、あとは循環、塩素あり。湧出量は198リットルとのことで、かけ流しもあるので、ここまで来る価値ありかな。




なにせ、この景観。


とくに、夜景がきれいだというから、近くに泊まって夜景をみるのがいいかもしれません。




溶岩の大地なのでミネラルいっぱい。


直売所には巨大な大塚にんじんが売られています。大塚地域の土質は「のっぷい」といって、火山灰が堆積した肥沃な土地で、根葉類の栽培に適しているとか。




風呂上り、飲んだにんじんジュースの甘いこと!




中央道甲府南インターから10分、

絶景の町営の日帰り温泉でした! ここに、宿泊施設あったら、いいなぁ。。。

ページのトップへ