温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

つりと鉱泉

千葉の富津市にある、つりと鉱泉、「さざ波館」。
11406845_649484701818625_4895264599325869834_n.jpg

お湯はこんな紅茶色。
11036762_649484705151958_7360635301498616025_n.jpg

昭和5年創業。
たぶん今の時代には作れないようなタイルや、
大正時代に作られたステンドグラス(これは廃業してしまったホテルから持ってきたらしい)や、
松本ピアノやら、レトロなものがちょこちょことあり、歴史を感じます。
11427781_649484741818621_3922875799765450426_n.jpg
海が目の前。
レンタル釣具もあります。

宿泊料金は嬉しい民宿価格! 8500円(税別)~

スポンサーサイト

ページのトップへ

「温泉利用型健康増進施設の認定要件緩和の要望書」が提出されたそうです!


温泉を利用して交通費などの医療費控除が受けられるのはこれまでクアハウスなどの「温泉利用型健康増進施設」のみだけだったのを、

地域にまで広げようという「認定要件緩和」の要望書が先日、厚生労働大臣に手渡されました。

要望書を提出したのは、
健康と温泉フォーラム、日本健康開発財団、
秋田県仙北市、新潟県阿賀野市、山梨県北杜市、鳥取県三朝市、倉吉市、北海道豊富市、大分県竹田市など。


その後、担当者からも具体的なアクションについての打ち合わせ依頼があったようで、これまでまったくといっていいほど動きの見られなかった、温泉療養の医療費控除拡大の流れもありそうです(^^♪

ページのトップへ

群馬・赤城温泉郷

対向車がきたら延々とバックしなくちゃいけない、狭いくねくね道。
宿の廊下も超、狭い。
ぶっきらぼうな親父……。
秘湯の3点セットを備えたこの宿。
1654374_647077168726045_4226455617307270772_n.jpg

前橋市内、
ICから1時間もかからず行けるのに、
この雰囲気!

しかも日中の露天風呂は絶景&混浴。

写真は女性専用になっている時間帯の内湯。
オレンジとも金色とも緑色ともつかず、
こういうのを玉虫色というんでしょうか。
神秘的なお湯の色です!
11391243_647077135392715_8140913351378050512_n.jpg

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸塩素泉。成分総計3グラムを超える濃厚なお湯! 
でも新鮮なのか透明度は高く、消しゴムのかすのような湯花がいっぱい(^_-)-☆ ちょっと入るとドクドクと汗が噴き出てきます。
30分以上入ると湯あたりもしやすいようで、「日帰り入浴は1時間以内で」との案内。

源泉温度が43℃、温度は内湯は熱かったので水で調整しましたが、露天はあつ湯とぬる湯があります。

ページのトップへ