温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

【1Day Trip】築150年古民家の砂塩風呂

築150年の古民家を改装した温浴施設――なんていうのは、初めて見たかも。

「砂風呂屋 孳(ふゆる)」は2012年6月オープン。もうすぐ2周年を迎えます。
s-002.jpg

温泉マーク発祥の地、磯部温泉の「恵みの湯」にある砂塩風呂をプロデュースしたI氏から

「埼玉で砂塩風呂をプロデュースした。取材してよ」

と電話をいただいたのは2012年。そのまま2年間、伺わずにいたけれど、仕事と仕事の合間をみて、やってきました! 埼玉・熊谷。

熊谷って、遠そうなイメージで都心からの距離がイマイチぴんとこなかったんだけど、新宿から湘南新宿ラインに乗ってしまえば約1時間。電車に揺られているうちに、窓からの景色は人家もまばらに……。ちょっとした日帰り旅行だね。

さて、孳は、熊谷駅からさらに市の循環バスに乗って20分くらい。JA市田支所前というバス停で降ります。

今回は、お昼どきだったので、お弁当セット。

通常は、お茶を飲みながら、カウンセリング→砂塩風呂 へと進みます。

砂塩風呂といえば、別府温泉や指宿温泉など海辺の温泉熱を利用したものが有名ですが、前述のI氏がプロデュースしているのは温泉地ではない場所もあります。

ここ熊谷も当然海でもなく、温泉でもなく。

でも、こんな癒しスポット、なかなかないです。

砂塩の砂は、特殊な抗菌加工を施したオーストラリアの白砂、塩はメキシコの太陽と風で自然乾燥したもの。
下着は外して、浴衣一枚になって、砂塩に埋もれて15分。全身から汗が吹き出してきます。

その間、スタッフがつきっきりで、喉元にミストを吹き付けてくれたり、頭を冷やしてくれたり、至れり尽くせり。
今回は、顔に砂塩をのせる「砂塩温パック」と「ローズパープル酵素パック」のダブルのオプションをつけてプラス2000円。

こんなふうに、頭まで砂をかぶったのは初めて!! 眼精疲労にいいとか。
s-042.jpg

体感温度はそんなに熱くはないのだけれど、全身砂に包まれて、気持ちい~い。

シャワーで砂と汗を流して、きれいな浴衣に着替えて、別室へ。

これで終わりかと思いきや、ここからが本番!!らしい。

お茶をたっぷり飲んで、毛布で体を包んで、二次発汗を促します。

この日飲んだのは、
砂塩前の酵素入りシークヮーサー、

砂塩後に、ぬるめの風耳茶(緑茶を黒麹で12年発酵させたもの)→ハイビスカスティー→しょうが黒糖ミルク→キャンドルスリム(キャンドルブッシュ、ビワ、カモミールなど16種のブレンド)

この間、寝るもよし、スタッフとおしゃべりするもよし、雑誌を読むもよし。

こんなにたくさんお茶を飲んでも、おなかがぽんぽこりんになることもなければ、トイレにも行きたくもならないのは、全部、汗になっているんですね。デトックス効果大。

お肌つるつる、日ごろの疲れも吹き飛びました。

こんなふうに、ヒーリングミュージックが流れて、非日常空間というのもいいですね。

スポンサーサイト

ページのトップへ

透明度5センチの黒湯!

黒湯の温泉銭湯は数あれど、ここの黒さは半端ない!

大田区・池上本門寺近くの「久松温泉」に行ってきました。

最寄り駅は東急池上線池上駅。
歩いて3分の駅近温泉。


昭和の薫りプンプンの昔ながらの銭湯で、
フロントには、おばちゃんが一人。
時がゆっくり流れてて、なんだかほんわかしちゃいます。

料金は、銭湯だから450円。

男性のほうは、「ロッカーに財布を入れると危ないから」と、フロントか女性ロッカーに入れておくようにとアドバイス。過去にロッカーの鍵が壊されて財布を盗むような事件があったらしい。物騒な世の中になったものです。

なかに入ると、浴室は結構大きめ。
真ん中に、丸い浴槽のジャグジーとそれにくっついた形で真湯の浴槽。でも、そこは普通のお湯なので、目もくれず。

黒湯の浴槽へと向かいます。

目指す黒湯は右奥にありました!
5人ほど入れる熱めの浴槽とその倍くらいの大きさのジャグジー付き浴槽の2つ。熱すぎるときは、蛇口をひねれば、冷たい黒湯で埋めることもできます。

透明度5センチほどの濃厚な黒湯。シャワー・カランからも源泉がでてきますが、タオルまで真っ黒に染まるくらいの墨汁みたいな温泉です。

重曹成分が皮脂汚れを落として、ミネラル分が適度に肌を潤してくれるので、つるつるに。

3連休初日だからか、場所柄からか、年配のおばあちゃんばかり。最年少はおばあちゃんに連れてこられた、小学生と中学生くらいの孫二人。広めの浴場に12、3人しかいなかったので、混雑もしていなくて、快適でした。

久松温泉には、サウナもあります。
銭湯のサウナは別料金のところが多いですが、ここは無料。

ラッキーと思って入ってみたものの・・・。

熱い! 熱すぎる!
1分ほどで断念。。。

看板には「熱すぎない温度と蒸気で長く入れる」みたいなことが書いてあるけど、とんでもない!

蒸気はまだいいとして、
石の椅子はタオルを敷かないとお尻がやけどしちゃうし、熱せられた石の床も熱すぎる!! 爪先だちでしか歩けない!

隣のおばちゃんは、あらかじめ、プラスチックの浴用椅子と冷水を入れた桶を準備してサウナに挑んでました!

なかなかに勇気がいるサウナではありますが、外気で涼める庭のような涼み処もあるし、慣れれば楽しいかもしれません。

さて、かなり温まったので、長居はせず、近所のご飯やさんに。

カツ丼あり、そばあり、チャーハンあり、のなんでもあるお店だったのであまり期待はせず、入ったのですが、何を食べてもおいしーい!








下町の底力、ここにあり。

ビールとぎょうざ、そば、チャーハン。のどかな祝日の夕方、バンザイ!


ページのトップへ

至福のぬる湯♪


冬季は雪乗車でいく、高峰温泉の1階「ランプの湯」。

右はちょっと白く濁った
37~39℃のぬる湯、

左は41℃程度の加温浴槽。

右のぬる湯、半端なくきもちいいです!

寝る前に20分くらい入れば、ぐっすり寝れそう~(^O^)

ページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。