温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

絶景食事処の巻

別所温泉かしわや旅館
信州・別所温泉。

北向観音横にある、
「かしわや本店」さんの食事処からは、市天然記念物の愛染カツラの木が見下ろせます(^-^)/

スポンサーサイト

ページのトップへ

源泉でウェルカム(^◇^)


 信州・野沢温泉の「村のホテル住吉屋」のウェルカムドリンクは、なんと、源泉と温泉まんじゅう!!!
 
お部屋のテーブルの上には、なんと、お銚子に入った源泉が置かれておりました。
 
夕食後に戻ると、煎茶と蕎麦茶のお茶セットに変わっていたのも心憎い演出
 
女性の細やかな配慮がそこかしこに光る、素敵なお宿です

ページのトップへ

グリーンビューティフル!

熊の湯グリーンのお湯
昨日、渋温泉の前に立ち寄った、「熊の湯」。

渋からは車で30分ほど。
冬はスキー客で賑わう志賀高原のなかにあります。

日に当たると蛍光色がかってもみえる黄緑色。硫黄の香りが漂う素敵なお風呂(*^^*)


このエリアではここだけ、全国的にも珍しい色の温泉です!!

12時30分~15時30分(土日祝日は15時まで)は日帰り入浴も可能。1000円です。


ページのトップへ

にごり湯バンザイ!

温泉のシーズンは秋からが本番、な気がするけれど、

いやいや、「夏こそ温泉!」だと最近しみじみ思う。

何年かぶりに、一日中、オフィスに座ることになって、<夏のクーラーの冷え>というものを思い出した。。。

サムイ。サムスギル!!
半袖はもちろん、タンクップなんかで行っちゃったときには、死んでしまう。。。

自宅で仕事をしてたときには、好きなときにクーラーつけたり、消したりできたけど、オフィスってのは、そうはいかない。

近代的なビルって、窓は開かないし、クーラーはガンガン効いてるし、世の女性は大変だ。いや、女性に限らず、男性だって、肩こり、腰痛など不調の原因は、あのクーラーの冷えかもしれない(´Д`)

で、やってきました!
本日の朝湯は、真っ白いにごり湯。
夏の温泉特集によくある「ぬる湯」ではなく、しゃっきり、温度もまあまあ、高め。

栃木県・塩原元湯の元泉館。

源泉は3本あるので、同じ泉質でも、白っぽかったり、緑っぽかったり、黒っぽかったり、浴槽によって違う肌触り、色味が楽しめます。

混浴の浴槽は、緑色をしてます。

ページのトップへ

私のお気に入り風呂

栃木県・加仁湯の、岩をくりぬいた露天風呂。
もっとも川に近いところにあって、川も、滝も眺められて、なによりも、このコンパクト感がいい。

一人で入るには広めかもしれないけれど、少し浅くて、すっぽり収まる感じが好き。混浴ゾーンで誰でもが入ってこられる場所ではあるけれど、木の囲いがあるので、女性でも入りやすい。

お湯は無色透明。
寝ぼけた朝の体をシャッキリ目覚めさせるのに、ちょうどいい!(*^^*)

ページのトップへ

花の宿まつや


栃木・鬼怒川の「花の宿まつや」。

女将さんが集めた、竹久夢二の美人画、相田みつをの詩、人形などが館内に展示されています。

よく手入れをされた日本庭園は、ツツジがきれい。

緑いっぱいで気持ちがいい露天風呂は、渓流のせせらぎ、虫の音、鳥の声が聴こえて癒されます。

鬼怒川では唯一、川に下りていけるそう。

ページのトップへ

東京1DAYトリップ~風水温泉

週末にふらりと行ける、都心部の温泉は、計画性のない私の心強い味方!

今日は、前日に友達からお誘いを受け、調布にある「深大寺温泉ゆかり」に行って参りました。

この温泉、緑がいっぱいで、都内とは思えない静かな環境です。

風水の考え方に則って造られた珍しい温泉で、檜や炭や岩など、自然素材が多用されていて、気持ちがいい施設です。

内湯から、水車がまわっているのがみえたり、階段を上がっていった先にある、高台の高見檜風呂からは、森林浴のように、気持ちがいい緑が眺められたり、金太郎飴的な日帰り温泉とは、一線を画しています。

土曜なので混雑はしていたものの、1つ1つの湯船が小さく周囲に緑が多いので、そこまで気になりません。

パンフレットには、
「名刹深大寺の開運エネルギーが創りだす風水天然温泉」とありました。

一つ一つの浴槽に、「この臓器に効く」とか、「金運アップ」とか説明書きがあって、それが、泉質によるものだけでない、風水的なものだから、ちょっと面白い。説明書きを読んで入ると、なんだか、効きそうな気になるから、不思議。

お湯は、10センチ先は見えない、かなり濃厚な黒湯。溶存物質8グラム超のうち、フミン酸などの腐植質が53ミリグラム。しっとりとする感触で、入っていると、体の巡りがよくなって、顔から汗がふきだしてきます。

入館料は1650円ですが、2000円払えば、7床ある岩盤浴ゾーンにも入れます。岩盤浴たっぷり汗かいたら、かなりデトックスできた気がしました。

帰りは、徒歩5分ほど歩いた深大寺で、参道周辺にある蕎麦屋でおそばを食べつつ、散策。家を出たのは午後だけど、充実のお休みになりました!

調布駅と武蔵境駅には無料の送迎バス、さらには、吉祥寺には路線バスもあって、便利です。


ページのトップへ