温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

奥会津応援隊



奥会津の応援団が集まって、東京・新宿で会合。


福島出身の国会議員の先生やら、観光庁長官やら、出席者はいろいろ。


姫ます寿司やアザキ大根、手打ちそば、どぶろくなど、奥会津の味覚を味わいつつ、宿の女将さんらが組織する「奥会津なでしこの会」や「奥会津温泉郷協議会」の方々と交流しました。


ところで、、、「奥会津温泉郷を名乗ったら」と言ったのは私だった、と宿の若旦那、坂内謙さんに言われました。


数年前に、金山町で講演させてもらったときに、せっかくいい温泉が点在しているのに、イメージがつきにくい、と確かに言った記憶が…。そんなひと言が役にたったんだかどうだか。


震災に隠れて、奥会津の水害は、忘れられているけれど、まずは、交通の復旧。
只見線の一日も早い復旧が待たれます。



スポンサーサイト

ページのトップへ

千倉温泉


東京湾フェリーに乗って、久里浜から館山へ。

今日はいちご狩りをやって、明日は菜花摘み。

春の房総の定番観光です

泊まりは千倉温泉・千倉館。冷鉱泉の沸かし湯の硫黄泉。

ページのトップへ

温泉療養保健制度


温泉療養に保険適用ができないものか


もうずっと何十年も議論されていることですが、


結局のところ、「日本におけるハードルは高い」ということで、なかなか実現が難しいこの話題。


大分県・竹田市では全国に先駆けて、昨年から温泉利用者に宿泊代や利用料を還元する独自の温泉療養保健システムを導入、昨年春から実証実験に取り組んでいます。


竹田市に3泊(第2フェーズからは期間中に3泊)した人を対象に1泊500円が保健適用(還元)され、温泉のない宿泊施設に泊まった場合は立ち寄り施設1回200円が還元されます。


商店まで含めると78施設が参画、パスポートにスタンプを押印してもらって後日、竹田市観光ツーリズム協会に請求すれば、OK。


全国から、行政などの視察が訪れ、竹田市は今、アツいらしい。


竹田市には、長湯をはじめ6つの温泉郷があります。


本日は、PHP総研での勉強会。


懇親会で、首藤市長と、赤川温泉・赤川荘の池田社長と記念撮影をパチリ。

************************************

赤川荘は、プライベートで泊まって、安くていいお湯だった記憶があり、是非ともまた行きたい温泉の一つ


硫黄の冷鉱泉ですが、翌日の顔が、つるピカ。私の中では、これまで行った中ではめちゃくちゃいいお湯だった記憶があります。


アトピーによく効くとかで、濃縮温泉水というのを売っていて、これがよかったんですよね~。


ページのトップへ

有馬2泊目


有馬に連泊。

再び、有馬グランド。

昨日は一応、4~5軒を視察。

グランドの展望露天は、標高400メートルほどの高台にあって、街と山が見渡せます。

赤い色の金泉と、透明の銀泉両方並んでいます。

金泉は、天神泉源で、真っ赤な血液か、トマトケチャップを溶かしこんだような、情熱の赤


源泉は100度近く。塩分がかなり濃いので、よくあたたまります。

かけながしは望めませんが、強い湯が、むしろ循環することによってまろやかになっているかも。


ページのトップへ

有馬の赤いお湯


有馬の金泉。

B2階にあるアクアテラス横には、浴場もあります。

ちなみに、露天は銀泉。

サウナあり、外にはマッサージチェアや骨密度計、体組成計、肌年齢計などもあって至れり尽くせり。

なんにもなかったB2階がこんな素敵な空間になるとはあっぱれ。

関西に住んでたら、日帰りに使いたい、素敵なスパです。

ページのトップへ

有馬グランドホテル

moblog_c1569fe4.jpg
先週は城崎、今週は有馬。

今年は関西と湯縁があります。

宿泊は5軒の宿に分宿ですが、あみだくじで有馬グランドホテルに。

過去、取材じゃなくて2、3回は泊まったことがあるので、知ってると思っていたけど、知らない施設ができていました。

昨年地下2階にできたアクアテラス。


水着で入る5種のサウナとスパ、マシン類で、1日まったりするのにもってこい。


あー、明日はこれ入りたい。

ちなみに、温泉は、含鉄・ナトリウム-塩化物泉と単純ラジウム泉。

赤い金泉は天神泉源と自家源泉の2つ。

残念ながらかけながし浴槽はないですが、アクアテラスは温泉に代わる癒やしのポテンシャルが高い施設かも。

内装もステキだし。

ページのトップへ