温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

そば宿


手打ちのそばを出す宿、奥州平泉温泉しづか亭。


平泉駅からは車で15分、温泉は加温あり、循環なしのかけ流し。ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物泉です。


平泉観光の後の宿泊にぴったり。


スポンサーサイト

ページのトップへ

台温泉へ


いい湯は、体のこわばりやら悪いところを教えてくれる。


そんな湯の一つが、花巻の奥座敷、台温泉。のどかな湯治場風情が残る温泉場です。


いまでも自炊湯治の看板を掲げる宿が複数あって、震災後も被災者や支援の方々を受け入れてきました。


岩の内湯が雰囲気ある藤助屋。まるで、田舎のおばあちゃん家に来たかのような、のどかな雰囲気です。


地下にある浴槽には、50度、熱めの単純硫黄泉がたっぷり注がれています。


そのままじゃ熱くて入れないので、水を入れて。


岩をツルツルに磨く透明な湯はビリビリと響く元気の湯。


毎日入っている土地の人がうらやましい

ページのトップへ

岩手2泊目


岩手2泊目は、立ち湯で有名な、鉛温泉藤三旅館の湯治部。豊沢川沿いに立つ自然豊かな温泉宿です


湯治部は浴衣やタオルが別料金ですが、ビジネスプランだといろいろセットで1泊2食6,000円。


お風呂は5カ所。お湯の質と自然景観、雰囲気どれをとっても、ポイント高め。


デメリットは部屋にクーラーがないこと、トイレ・洗面所が部屋にないこと、布団は自分で敷く、音が聞こえる、鍵がない(金庫はあり)ことくらい。これらが気にならない人だったら、家族旅でも十分行けそう~


よかったのは、川沿いの桂の湯。形、材質ともに私のツボ四角や丸じゃない、美しい曲線美がなんともステキ。


深めであごまでどっぷり入れて、半身浴用にぐるりと段がつくられているのもよいですね~。

金太郎飴的ではない浴槽を見ると、自然に気分が高揚します

お湯は、加水、加熱、循環なしのかけ流し。もちろん消毒もなし。


すっかり、この露天のファンになっていたら、隣の部屋のカメラマンさんから、男性風呂には、川により近い第3のぬる湯露天があるらしい~なにい~慌てて確認しに行きましたが、女湯にはそんなのはありませんでした


しかし、単純温泉なのに、ここまで力強いお湯ってスゴい薬湯として、土地の人たちを癒やしてきた湯治場の底力をみた気がしました


ちなみに、湯治部も旅館部もかなり人は入ってるんじゃないでしょうか。人気の秘湯です。

ページのトップへ

温泉宿のビジネスプランを選べ

仕事だって、どうせ泊まるなら、温泉がいい。


ビジネスホテルは味気ないので、私は昔っから、温泉宿派だけど、出張で2万も3万もする宿には泊まれません。


そこで活躍するのは家族経営の温泉民宿や湯治宿のビジネスプラン。


部屋にトイレがなかったり、洗面所も共同だったり、多少の不便はありますが、素泊まりから1泊2食まで選べるし、夕・朝食代を考えたら、むしろビジネスホテルより安いんじゃない


本日の宿は盛岡から30分のつなぎ温泉・菅旅館。この宿のビジネス宿泊は1泊2食で6000円。

しかも、かけ流しの単純硫黄泉。はぁ~幸せ~



本日のHAPPY
女将さんのわんこそばのお話

直利庵の野菜そば

菅旅館のかけ流し硫黄泉

ページのトップへ

温泉地のカフェ

コーヒーショップでもなく、団子屋でもなく。




温泉地でカフェを見かけるようになってきましたが、そのさきがけでしょうか。四万温泉には、柏屋旅館がやっている柏屋カフェと、つるやがやっている森のカフェKISEKIの2つのカフェがあります。




今日のお昼は、柏屋カフェに立ち寄って、アガシシバーガーを食べてきました。




ちなみにアガシシは吾妻のイノシシのお肉という意味。ジャガイモに挽き肉が入ったコロッケバーガーです。




カフェをうたっているだけあって店内はオシャレメニューもどれを選ぼうか迷っちゃうくらいおいしそうなのが並んでますカレーやパスタも捨てがたい。



宿の和食料理ばっかり食べてると、カフェメニューってちょうどいいかもしれません。




温泉地のカフェは、湯めぐり中にも、バスの待ち時間にもgood




両宿とも、遅いブランチを選ぶことができるそう。柏屋は、宿からカフェは遠くて、歩いていくにはきつかったのですが、本日から自転車が届くとのこと。




新たな過ごし方ができそうですね

ページのトップへ

あじさい風呂


あじさいが咲く、鐘寿館の山里乃湯。




宿の左手の急な坂を登っていった先、どんなお風呂があるんだろう、、、と期待感も高まります。




以前は山口露天風呂も鐘寿館の露天だったそうですが、町に譲ったときに新しくこのお風呂を作ったとのこと。のどかな雰囲気です。




上の浴槽=あじさい、つつじ、紅葉、真ん中=あじさい、八重桜、一番下=桜、紅葉が楽しめる3つの露天風呂があります。




宿の真下から湧く約60度の源泉2本を手を加えずに落下させたり、湯量を絞ることで温度調節。




熱々だからこその爽快感がいいですね一番上の石と木と岩を組み合わせた露天風呂は、ちょっと大きめ。浅い寝湯もあるので、長湯もできます。

ページのトップへ

四万やまぐち館の絶景風呂


四万やまぐち館のお題目露天風呂は、四万川をすぐ真下に見下ろす超絶景風呂。




取材に行ったときは清掃中で撮影はできませんでしたが、清掃している従業員の方が、「毎日換水しているから、うちのお風呂は清潔度日本一」だと言っていました




これだけの広いお風呂で毎日換水とは、豊富な湯量を持つ宿ならでは。水面からは2メートルくらい川がこんなに近いのも珍しい




日帰りもやってます

ページのトップへ

夏の温泉


あま~いスイーツめぐりの後、本日の宿、柏屋旅館へ。

男女別大浴場以外に、貸切露天が3つもあります。

この時期は、やっぱり露天。新緑がキラキラとまぶしいです

お湯は41~42度くらいだと思いますが、外は暑くても、体の芯は冷えてるんですよね。

始めは熱く感じます。夏の温泉はシャッキリ。生き返ります

ページのトップへ

四万温泉号


今日は一人取材なので、バスで移動。

東京駅八重洲中央口から群馬県四万温泉まで3時間30分。朝9時発の1本のみですが、空いてるし、乗り換えなくていいから快適。

往復5000円、各宿のパックもあります

問い合わせは、四万温泉号案内センター(関越交通吾妻営業所内)
TEL0120‐12‐8805

ページのトップへ