温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

根津・澤の屋旅館

東京・根津にて、K庁のMさん、温泉エッセイストのYさん、外国人をメインにした「澤の屋旅館」のSさんとご飯会。ご飯の前には、貸しギャラリーやペン画ギャラリーなどを案内してもらって、ちょっとだけ根津の町を散策も。

*****
テレビや新聞のニュースでは、「観光地に人が来ない。まして外国人はなおさら」というような話ばかり流れていますが、澤の屋旅館では4月に入って少しずつ回復してきているそう。

3月11日…12室の澤の屋旅館は満室だったけれど、泊まっていた外国人は全員が地方に行くのをやめてチェックアウト。3、4、5月は予約で満員だったのに、原発問題が出た後は6日間は宿泊者ゼロ。これは30年ぶりのことだったそうです。

しかし、4月に入ってからは

“一旦キャンセルしたアメリカ人のお客様がきてくれた”

“オーストラリアから東京のビル建築をみたいと14泊で泊まりにきてくれた”

“ドイツの青年は6泊で観光に”

“海を見たいと言ってきたフィンランドの青年はうちに泊まって沖縄に。帰りに再度寄って帰国”

などなど、少し明るさが見えてきた、リアルなお話を伺うことができました。本日も5組の宿泊客がいるとのこと。

澤の屋旅館は1泊朝食付き1人5,040円、2人で9,450円(朝食別・トースト315円、コーヒー・紅茶付き)

全室和室で布団。檜と信楽焼の貸し切り風呂があります。

30年間外国人を受け入れてきたインバウンド中心の宿として有名で、大震災前まで部屋稼働はなんと約90%を誇っていました。よくテレビなどにも取り上げられていますが、受け入れ国は100カ国・延べ15万人にものぼります。

外国人がメインではありますが、日本人の宿泊ももちろんOK。ビジネスホテルより風情があって、安い!!

東京観光の際にはぜひ。





スポンサーサイト

ページのトップへ

テレビ放映が…

東日本大震災の当日、私は長野県・小諸市にテレビロケに出ていました。

大災害が起こった後ですから、温泉紹介番組はそのままお蔵入りかと思っていましたが、その番組が明日、放映されます。

余震も頻繁に起こっていますし、原発の評価尺度はレベル7に引き上げられるという状況の中、地震前の録画ということもあり、今の状況にそぐわない空気を出しているのではないかと思うと、心苦しい限りです…。

先日、新潟県の宿の人と電話で話をしたところ、「新潟県は過度な自粛ムードの払拭を県知事が発表したことで、幾分かはお客様が戻ってきた」とのことでした。

被災地ではない観光地でも、人が動かないことで、経済が落ち込む危機が生まれています。
1日も早く、“普段通り”に戻ることを願ってやみません。







ページのトップへ

大阪で「温泉観光実践士」養成講座

6月25日(土)、26(日)の2日間、第3回「温泉観光実践士」養成講座が行われます。
主催するのは、大阪観光大学観光学研究所で、温泉地の歴史や文学、温泉の定義、温泉分析書の読み方のほか、温泉旅館の経営、温泉地の活性化などといったちょっと変わった講座も用意。
さらには関西の大学ならではの、「関西の温泉地」の講座も。

受講料は1科目500円、資料代1,000円。興味を持った分野だけ受講することもできるし、9科目受講の場合は資料込みで5,000円とリーズナブルな料金設定です。
1日目終了後には、「み奈美亭」(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会も実施(宿泊料は1万2,750円)。


問い合わせは、大阪観光大学「温泉観光実践士」TEL072-453-8222
詳細は→コチラ

ページのトップへ