温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

ラジオ収録

bay FMの「フージャース・マンションスタイル」という番組にゲスト出演させていただきます。

今日は、その収録でした。
IMG_1848.jpg

パーソナリティーは高頭なおさん。あんな短時間で、びしっと決めるなんて、プロってすごいなーー。と関心しきり。
ずいぶん、きれいな人だなーーと思っていたら、モデルさんもされているのですね。
そして、さまざまなCFにも出ていた方でしたー。

ところで、ところで、ラジオの現場も女性スタッフが大活躍。ディレクターも、パーソナリティーも、お電話をくれた方もみなさん女性。

テレビもラジオも、ライターも女性が大活躍です。

今度、そんな方々のお薦め温泉の本でも作りたいなー。
IMG_1849.jpg
せっかくのラジオ収録なので、記念撮影もお願いしちゃいました☆

スポンサーサイト

ページのトップへ

Oツアー体験

中高年向け格安ツアーで有名なOツアーを体験してきました。
某雑誌から「野添さん、行ってきて!」と言われ、ドキドキしながらの一人参加。
中高年がほとんどを占めるなか、私くらいの年代の人はほとんどいないので目立つ。しかも一人参加だからなおのこと。
一応覆面取材ですが、カメラで撮影もしているし、仕事だとバレバレかな?
那須に行ったんですが、オフシーズンだったせいか私の泊まった宿には団体がいなくて個人のご夫婦が多く、部屋もきれい。お風呂の泉質も見晴らしも最高で、往復バスが付いて8400円とは、ホント格安。でも1人利用の金額は高くて、2人参加だと1人6825円。4人利用だと1人4725円。(2008年1月から料金改訂)足が付いてこの金額とは・・・。
夕食時のカラオケタイムやテーマパークの土産屋立ち寄り、昼食の暇すぎる空き時間を除けば一人参加でもまあいい感じ。
年末の仕事が詰まっていることを考えると、空き時間の分、短縮して早く帰りたーい。。。

でも、お湯は本当によかったです。こんなエメラルドグリーンの硫黄泉。
IMG_1339.jpg

ページのトップへ

インタビュー受けました

某サイトから「コンタクトをしている温泉ライター」ということでインタビューを受けました。

自分がインタビュアーのときは、“発する言葉に無駄がなく、そのまま活字にできる人”にインタビューさせていただくと、とてもやりやすいんですが、

自分が答える方になると、どうしようもなくまとまりがつかず、、、。
ライターさんに申し訳なかったです。

でも、とても楽しかったにっこり



ページのトップへ

古湯温泉・大和屋

大和屋はこのほど離れの半露天風呂と家族風呂、カウンターバーのある談話室スペースを新設。
玄関の松も取っ払ってこならやクヌギなどの田舎らしい木が植えられました。
お料理も山間の宿らしくさしみこんにゃく、川えび、山菜、川がに、柿なます、みつせ鶏の鍋、鮎の塩焼きと山の幸満載。
IMG_1309.jpg

川の蟹って案外大きくて、驚きました。
そして有明海の一番のりを使ったお吸い物!

家族風呂は佐賀の酒蔵に残っていた6合酒樽を活用。アルカリ性単純温泉で柔らかい肌触りの温泉です。
IMG_1307.jpg

カウンターでは佐賀の焼酎が飲めます。

ページのトップへ

原鶴

20071211193151
福岡の原鶴温泉に来ています。
九州でそばは珍しいですが六峰館では通年手打ちそばがでています。
近くの清水寺の湧水を使って打っているそう。コシのある太めのそば。量も少しだけ。ダシも甘めでおいしいですね。

ページのトップへ

湯平温泉

今日から九州3泊4日の取材旅行。
大分県・湯平温泉へ。
関東からだと馴染みがない温泉地ですがかつては湯布院より知名度があったそう。300年前に造られた石畳の坂道が歴史のある温泉地だと物語っています。
10月に来たときに是非取材したいと思っていました。面白いのが、宿の若旦那たちがつくるバーAGITO。
IMG_1203.jpg

空き店舗活用と温泉街活性化そして若旦那同士の交流の場としても機能しているそう。
金・土・日・月曜日限定で20:30~、元気な若旦那たちがバーテンダーになります。

話は変わりますが湯平には共同浴場が5軒もあります。
近所の地熱開発の影響を受けてか水位が下がったため温泉の量が昔より減ってしまったそうですが、共同湯はすべて源泉かけながし。2種類の源泉があります。

今日は橋本温泉に入ってみました。
IMG_1163.jpg

あつ湯(は熱くて入れませんでしたが)、ぬる湯2つの浴槽があってひなびた感じもありながら清潔感はあっていいお風呂でした。アルカリ性単純温泉でつるつるします。1人200円。宿泊者は100円。

明朝は別の共同湯へ行ってみようと思います。

ページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。