FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

2019年新規オープン宿

2019年の新規オープン宿、
千葉県・鴨川市の「波太オルビス」、ビッグローブ旅行に記事アップしました。

→記事はコチラ


スポンサーサイト



ページのトップへ

初恋りんご風呂♪

島崎藤村ゆかりの初恋りんご風呂@中棚荘
12208496_700288060071622_4945592793705291303_n.jpg

紅葉とりんご。
秋らしい♪

ページのトップへ

那須湯本の宿♪

仕事帰り、那須湯本の松川屋那須高原ホテルさんに立ち寄り入浴♨
12122440_690086681091760_6905658000751614623_n.jpg

「とちぎにごり湯の会」の一軒です。
12036919_690086677758427_7579896201587325413_n.jpg
pH2.6の鹿の湯源泉(単純酸性硫黄泉)とpH4.0の単純温泉の2つ。
12112252_690086674425094_7039552092326791155_n.jpg

足裏の角質がベロンととれる、いいお湯でした~。
立ち寄りは20時まで。タオルつきで一人1500円。

ページのトップへ

源泉ツアーに参加してみました♪

朝は4ヵ所の自家源泉を巡る「源泉ツアー」@金具屋。

ここは、名物・浪漫風呂のすぐ裏。
この浴槽だけに注がれている、自噴泉を見学♪
11742756_663522520414843_9148350789929456841_n.jpg

固形化した湯の花を舐めて塩辛さの体験をしたり、
11755703_663522517081510_3480348102022880100_n.jpg

成分の濃さゆえに温泉管が細くなり、圧が強くなっているので、
こーんな風に勢いよく噴き出したり、
11262213_663522513748177_408758048571139418_n.jpg


「この温泉、スゴいんだ⤴⤴」と認識してもらい、「また、来たい!!」と思わせる。この流れがスバラシイ((o(^∇^)o))

夕方の文化財ツアーと朝の源泉ツアー。
ともに経営者自ら、毎日やっているのがいい。
宿の人の顔がみえて親近感わきます。

ページのトップへ

夏到来♪

路地裏の風情が心地よい、渋温泉にやってきました!
11781672_663156407118121_4396999835392042178_n.jpg

緑のコントラストばっちり(^o^)
11737937_663156403784788_7928401754016329411_n.jpg

熱いけど、気持ちいい!
温泉地にも夏休み到来♪
11236431_663156400451455_2744914291060408397_n.jpg

ページのトップへ

つりと鉱泉

千葉の富津市にある、つりと鉱泉、「さざ波館」。
11406845_649484701818625_4895264599325869834_n.jpg

お湯はこんな紅茶色。
11036762_649484705151958_7360635301498616025_n.jpg

昭和5年創業。
たぶん今の時代には作れないようなタイルや、
大正時代に作られたステンドグラス(これは廃業してしまったホテルから持ってきたらしい)や、
松本ピアノやら、レトロなものがちょこちょことあり、歴史を感じます。
11427781_649484741818621_3922875799765450426_n.jpg
海が目の前。
レンタル釣具もあります。

宿泊料金は嬉しい民宿価格! 8500円(税別)~

ページのトップへ

伊豆の川床料理


「川床料理」といえば、京都ですが、伊豆にもあります。


湯ヶ島の「水のみち 風のみち 湯ヶ島たつた」さん。


今年は3月14日にスタートしたばかり!

なかなかの人気です(^o^)


そして、この宿は、お湯の質にもこだわっていて、浴槽は毎日換水。

だから、川床料理は昼食はできず、泊まりのみ。


男女別浴場とは別に、宿泊者専用の貸し切り風呂も。


こちらは、昨年の1月に湯船が、6月に湯小屋ができたばかりです。


近くの川からでてきた石をくりぬいてつくったお風呂。


竹林のなかにあって、気持ち良さそう♪




ページのトップへ

目の温泉!

貝掛温泉玄関
「目」の湯治ができる温泉として評価の高い、新潟県の貝掛温泉。

37度くらいのぬる湯は、夏にぴったり(*^^*)

体中に泡がついて、全身が脱力。あとから、ほんとに眠くなります。

常連さんによると、「最低でも40分入らないとね」

とのこと。

ここは、ゆっくり泊まりにいきたい温泉です。

ページのトップへ

絶景食事処の巻

別所温泉かしわや旅館
信州・別所温泉。

北向観音横にある、
「かしわや本店」さんの食事処からは、市天然記念物の愛染カツラの木が見下ろせます(^-^)/

ページのトップへ

源泉でウェルカム(^◇^)


 信州・野沢温泉の「村のホテル住吉屋」のウェルカムドリンクは、なんと、源泉と温泉まんじゅう!!!
 
お部屋のテーブルの上には、なんと、お銚子に入った源泉が置かれておりました。
 
夕食後に戻ると、煎茶と蕎麦茶のお茶セットに変わっていたのも心憎い演出
 
女性の細やかな配慮がそこかしこに光る、素敵なお宿です

ページのトップへ