温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

日本温泉気候物理医学会の50年記念誌~その1~

日本温泉気候物理医学会が創設された50年の昭和61年に出された記念誌を読みました。
歴代会長の回想、過去の会員数や会費の変遷、学会誌の歩みなどが記されてあって興味深い内容でした。

昭和10年にできたこの会は、中止(および無期延期)で学会が行われなったのは戦争末期の昭和19年と20年だけで、昭和18年(第9回)の戦時中にも物資不足の中、学会を強行し、国民服姿でリュックを背負って身の危険を冒して何日がかりで北海道や九州から来会し、鳴子の小学校講堂で行われたことが記されていました。

戦後の昭和21年には伊東ですぐに再開され、伊東では50年間で計4回も開催されていることから温泉医学との関係も深かったことが伺われます。

さらには、戦後すぐには原爆症の講演などはされていないのですが、昭和43年の草津総会の特別講演で「原爆被爆者の温泉治療」が九大の先生が発表されていることから、研究とデータの蓄積はされてきていたことが伺えます。

現在では「湯治」自体が衰退し、その医学的研究もされていない状況だと思いますが、昭和51年の第41回総会の講演で東北大学の先生は、「それまでわれわれが東北諸温泉で経験した湯治効果の実態を述べ、温泉作用の実験的研究の成果を検討し、湯治効果は正常化作用のほかに、心身症に対する正常化効果のあることを認め、その本態の究明についても言及した」と記述され「湯治の実態を経験しながら討議し合う学会であって欲しいと念願」されています。

中でも興味深いのが、公害病(原爆被爆者、水俣病、かねみ油病、ベンゾールド毒、公害気管支炎喘息など)の報告で、カドミウムと温泉の実験などがあるそうです。また「水俣からの3か月硫黄泥浴では尿水水銀排泄量が2週間で10倍増加」「かねみ油病の1カ月温泉療法では32例中75%に好転が見られた」などの報告もされていました(八田秋先生)。温泉のデトックス効果が、公害や被爆でも学者さんによって研究されていたのですね。


スポンサーサイト

ページのトップへ

『遊和』で草津温泉の紹介をしました♪

置き薬の会社の冊子で、年3回、「温泉場虎の巻」という連載をスタートしました❗
発行部数はなんと27万部もあるそうです💮
遊和表紙

竹村節子先生の跡を引き継いだ連載なので、「旅行作家」の肩書きでやらせてもらってます。
一回目は草津に最近増えているB&Bの宿の話題を中心に。ご協力いただいた施設様、ありがとうございました😄
遊和誌面

ページのトップへ

薬剤師さん向けのフリーペーパー制作しました♪




製薬カイシャが発行している、薬剤師さん向けの雑誌に温泉の紹介をさせていただきました。


巻頭インタビューは辺見えみりさん。


特集テーマは、健康になれる温泉。女子ひとり旅もOKな宿を選びました☆彡


ページのトップへ

上野松坂屋でミニ講座♪

恒例となりつつある、百貨店での温泉ミニ講座。

本日は、上野松坂屋にて(o゚▽゚)
14691065_876343349132758_1730342314315928783_n.jpg

ページのトップへ

温泉さんぽ鼎談ページに出させていただきました。

交通新聞社から出ています、こちらの本。
14721566_876168165816943_7489248807783067168_n.jpg

先日、御大お二人との鼎談に私も参加させていただきました。
温泉好きな制作陣が作った本らしく、まず写真がいい!
地元のおじいちゃんとお孫さんとかいい笑顔しててほっこりできます〜❣ 
ちなみに、鼎談も、すごく楽しかったー☆
14650448_876168225816937_2426616792062253786_n.jpg

この本見ながら、温泉さんぽにでかけようっと。

ページのトップへ

LEONの温泉特集

『LEON』15周年だって。

ブアツーイ。
14440709_857798030987290_4135217414528383206_n.jpg

「ヨコシマなんちゃら」とか笑っちゃうタイトルと本文。ガンバッテ、寄せました。
14494822_857798064320620_8997938967006426600_n.jpg

ちょいワルオヤジは、この雑誌が始まった時は39歳だったってことにびっくり(^m^ )
ジローラモおすすめはこんな温泉でした!
14463145_857798117653948_5017216012123253443_n.jpg

わたしも、ゴージャスなお姉さんになって登場(笑)~
14446238_857798084320618_2052498619209365923_n.jpg

ページのトップへ

日本温泉協会で、編集委員会♪

歴史のある団体、日本温泉協会『温泉』誌の、編集委員会でした。

こちらの協会には、すごーい本がいっぱいあるのです。
こちらは、明治19年刊行の『日本鉱泉誌』。
14516349_862590027174757_2712423241836985169_n.jpg

キレイだなあと思ったら、こちらは、1985年の復刻版だそう。
お宝本で、ゆっくり、調べものしてみたい。

ページのトップへ

ニューオープンの宿♪

1年間の休業を経てリニューアルから1ヶ月ちょい、
生まれ変わった川島旅館(北海道・豊富温泉)に泊まりにきました。
川島外観

デザイン✕料理。
川島階段

経営者の想いがダイレクトに伝わってくる宿。そんな宿が最近、増えているし、私も好き❣
客室の扉に使われているモチーフが椅子にも。かわいい♪
川島客室扉

川島椅子

お湯は、アトピーにいい、奇跡の名湯。
17室中シングルルームは10室もあるので一人旅にやさしい宿です。

ほかと違うのは2週間も3週間も湯治をする人が多いから、食事もオーナーシェフが長期滞在に対応した和洋中の料理を頑張ってつくっているそう。

川島夕食のばくだん

酪農のまち、豊富の牛乳をつかった濃厚なアイス。
川島アイスクリーム

ページのトップへ

健康と温泉フォーラム30周年の総会。記念講演は、自己腫瘍を用いた樹状細胞がんワクチン療法、免疫細胞療法(活性化リンパ球療法)、5-ALA(アミノレブリン酸)を用いたPDT療法、HT療法(温熱療法)を専門に行う、齋藤真嗣ドクターで、「体温を上げると健康になる」。
健康と温泉フォーラム30周年総会_01

欧米ではがんの診断薬として特許を取っているALA(アラ)を飲んでから4時間後に温熱を施すと、がん細胞が死滅するという温熱療法のお話。
ALAっていうのは、なんなんだろう???
と思っていたら、一言でいうと、天然のアミノ酸で、日本では健康補助食品の位置づけだといいます。
なんだかよくわからないけれど、400種以上の食材を調べて、ALAがダントツに多いのが、酒粕。
健康な人がALAを摂るとどうなるか?
→→→がんの予防、アンチエイジング効果があるらしい(^O^)/(^O^)/
酒粕といえば、このあいだ、奥会津ツアーで酒蔵さんからもらってきたばかり❢ 
酒粕+サウナ、
酒粕+温泉、がよさそうですー♪
健康と温泉フォーラム懇親会

ページのトップへ

「温泉トリビア」アップしています。

ページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。