FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

【1Day Trip】築150年古民家の砂塩風呂

築150年の古民家を改装した温浴施設――なんていうのは、初めて見たかも。

「砂風呂屋 孳(ふゆる)」は2012年6月オープン。もうすぐ2周年を迎えます。
s-002.jpg

温泉マーク発祥の地、磯部温泉の「恵みの湯」にある砂塩風呂をプロデュースしたI氏から

「埼玉で砂塩風呂をプロデュースした。取材してよ」

と電話をいただいたのは2012年。そのまま2年間、伺わずにいたけれど、仕事と仕事の合間をみて、やってきました! 埼玉・熊谷。

熊谷って、遠そうなイメージで都心からの距離がイマイチぴんとこなかったんだけど、新宿から湘南新宿ラインに乗ってしまえば約1時間。電車に揺られているうちに、窓からの景色は人家もまばらに……。ちょっとした日帰り旅行だね。

さて、孳は、熊谷駅からさらに市の循環バスに乗って20分くらい。JA市田支所前というバス停で降ります。

今回は、お昼どきだったので、お弁当セット。

通常は、お茶を飲みながら、カウンセリング→砂塩風呂 へと進みます。

砂塩風呂といえば、別府温泉や指宿温泉など海辺の温泉熱を利用したものが有名ですが、前述のI氏がプロデュースしているのは温泉地ではない場所もあります。

ここ熊谷も当然海でもなく、温泉でもなく。

でも、こんな癒しスポット、なかなかないです。

砂塩の砂は、特殊な抗菌加工を施したオーストラリアの白砂、塩はメキシコの太陽と風で自然乾燥したもの。
下着は外して、浴衣一枚になって、砂塩に埋もれて15分。全身から汗が吹き出してきます。

その間、スタッフがつきっきりで、喉元にミストを吹き付けてくれたり、頭を冷やしてくれたり、至れり尽くせり。
今回は、顔に砂塩をのせる「砂塩温パック」と「ローズパープル酵素パック」のダブルのオプションをつけてプラス2000円。

こんなふうに、頭まで砂をかぶったのは初めて!! 眼精疲労にいいとか。
s-042.jpg

体感温度はそんなに熱くはないのだけれど、全身砂に包まれて、気持ちい~い。

シャワーで砂と汗を流して、きれいな浴衣に着替えて、別室へ。

これで終わりかと思いきや、ここからが本番!!らしい。

お茶をたっぷり飲んで、毛布で体を包んで、二次発汗を促します。

この日飲んだのは、
砂塩前の酵素入りシークヮーサー、

砂塩後に、ぬるめの風耳茶(緑茶を黒麹で12年発酵させたもの)→ハイビスカスティー→しょうが黒糖ミルク→キャンドルスリム(キャンドルブッシュ、ビワ、カモミールなど16種のブレンド)

この間、寝るもよし、スタッフとおしゃべりするもよし、雑誌を読むもよし。

こんなにたくさんお茶を飲んでも、おなかがぽんぽこりんになることもなければ、トイレにも行きたくもならないのは、全部、汗になっているんですね。デトックス効果大。

お肌つるつる、日ごろの疲れも吹き飛びました。

こんなふうに、ヒーリングミュージックが流れて、非日常空間というのもいいですね。

スポンサーサイト



ページのトップへ

サカス・マルシェ

TBSの赤坂サカス。
テレビでは見たことあるけど、行ったのは初めて。

12月にTBSの『はなまるマーケット』に出ることになり、本日打ち合わせで赤坂に行ってきました。

TBS玄関前ではなんとも魅力的なイベントが!!
アイススケートリンクと、野菜や果物などを全国の生産者が直接販売するという「サカス・マーケット」です。

今日は暑かったので、アイススケートリンクは溶け気味でしたが、みなさん楽しそうに滑っていました。
013.jpg

「サカス・マルシェ」は毎週末の11時~開催。10くらいのブースがあったでしょうか。

静岡のお茶農家「ヤマニ製茶」さんでは、お茶やみかん、自然薯の販売のほか、お茶の詰め放題ができます。150g500円の深蒸し茶(それでも十分安い)が、詰め放題で1000円!たっぷり詰めると、350g(もしくはそれ以上)は入っているそうです。

袋にいっぱいいっぱい詰めて、チャックができなくなってしまいましたが、サービスで袋を二重にして、おまけしてもらいました(優しいお兄さん、どうもありがとう~★)
004.jpg

茨城の無農薬野菜を販売する「かねちゃんちの畑」では、葉っぱも青々とした、元気な大根やにんじんなどを売っていました。
008.jpg

にんじんは20円~(安すぎ!)。しょうがは100円。
無農薬でこの金額はありえない・・・。
にんじん、しょうが
にんじんとみず菜を買って80円。なんだか申し訳ないな~。

週末に赤坂方面に行かれる方はぜひお立ち寄りください。

「どこかで見たことある人が・・・」と思ったら、久米宏さんがあいさつに来られていましたよ。



ページのトップへ

朝顔がいっぱい

夏の飛騨高山。

まちづくりの一環なのでしょうか。

町のなかには、いたるところに朝顔が咲いていました。
004.jpg

そして、ご当地ソフトクリームは、、、
008.jpg
緑のほうれんそうソフトとピンクの飛騨桃ソフト。

カラフルです。

ページのトップへ

上高地開山祭

P1000409.jpg
白骨から車に乗せてもらって、上高地の開山祭に行ってきました。
開山祭に来たのは5、6年ぶりくらいでしょうか。

今年は雪がかなり残っていましたが、晴れていたので寒くはありませんでした。知り合いもたくさん来ていて楽しかったです。

ページのトップへ

洲本温泉

淡路島の洲本温泉「淡路 夢泉景」に寄らせていただきました。

Img_1549

海に向かう展望露天風呂は海と空と温泉が一つに

なったような素晴らしい景色。

このお宿には洲本温泉と、鉄分を含んだ赤褐色の

「古茂江温泉」の2つの泉質があります。

Img_1553

奥に見える赤いお湯が古茂江温泉。

この宿ではよもぎ蒸しや垢すりなどもやっていて女性に人気のようです。

                      

Img_1543

春の淡路のうまいもんはいろいろありますが、

いかなご、玉ねぎがおススメ。

夏の海水浴も気持ちよさそうです。

ページのトップへ

村上山山頂

つかれた〓

ページのトップへ

旧碓氷峠見晴台

旧碓氷峠見晴台

長野県と群馬県境。

20代のころと疲れ方が違うー! 昨日泊まった塩壺温泉で疲れは取れたはずだったが。。。

でもこの景色、少し煙っているけどキレイでしょ。

ページのトップへ

千ヶ滝

千ヶ滝

千ヶ滝せせらぎの道。

歩かなくていい軽井沢-中軽井沢をあるいちゃって足が棒。

すごーく体力弱ってます。

ページのトップへ

離山山頂

離山山頂

軽井沢の離山山頂に到着。

駅から歩いて片道2時間半弱。

日曜日なのに登山者は案外少なくちょっと寂しい。 熊鈴なんていらないと思ってたけど持ってくればよかった。

ページのトップへ

八塔寺ふるさと村

「八塔寺ふるさと村」は、岡山県に7つある「ふるさと村」の一つで、日本の田園風景が残っています。

『黒い雨』や『火垂の墓』のロケ地にもなりました。

20戸ほどある茅葺きの民家のうちいくつかは、20年ほど前に茅を葺いたのを最後に手入れがされておらず、苔がついたり荒れつつあるものが見られました。

県や市から出ている補助金が財政難に陥り、茅葺きには1回200~300万円というお金がかかるため、個人所有のものは手付かずになっているそうです。

一度土台が腐ってしまうと再生は困難で建て替えるしかないそうです。

無駄な公共工事や、景観を乱す粗悪な建物が増えていますが、そういうところにかける余分なお金がある企業や組織は、文化財保存にまわしてほしいなあ、と思います。

せっかくの日本の大事な文化なのに、一度失われてしまうと元に戻せない、というのは非常に悲しいことですね。

「棚田と茅葺き」

日本っていいな~と思える場所に出会える場所です。

カブトムシ、クワガタも取り放題。田んぼにはのんびり蛙が泳いでて幸せな気分になれます。

高顕寺のご住職のところに泊まる「民宿こうけんじ」は1泊2食で6500円~。 予約で手打ちそば、精進料理もあります。 村内にはほかに、古民家を貸し切る山荘もあります。ただしこちらは自炊をしなくちゃいけないそうなので、食材調達をしてから行きましょう。

ページのトップへ