温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

じろえむ

千葉に遊びに行く人、
千葉に住んでいる人におすすめな食事処。

「百姓屋敷じろえむ」
じろえむ外観

屋号は「治郎右衛門」。
通り門は明治17年からここに建っているというし、茅葺屋根の母屋は300年ほど前(江戸時代!!)に建てられたというし、なんだか、とてもすごいものを見てしまった、という驚きがあります。Σ(・□・;)

出しているのは、なんと!
無農薬有機栽培で育てた野菜と平飼い有精卵を使った田舎料理。

じろえむ田舎料理

色をつけていないのに、きれいな黄色!! 卵料理がめちゃくちゃおいしい。
じろえむの卵料理

ご飯もぴかぴか
じろえむのご飯

おかず類も充実している!!
じろえむのおかず1

じろえむのおかず2

いただいた用紙によると・・・
【平飼い】 鶏が自由に動き回れるように、広々とした鶏舎で平飼いしています。虫をつついたり、砂あびをしたり、鶏たちは元気いっぱいです。

【えさ】米ぬか、とうもろこし、大豆、魚粉、かきガラ等、飼料は自家配合しています。遺伝子操作したもの、収穫後の薬品処理を施したものは使っていません。もちろん抗生物質等の薬品、黄身を黄色くするための着色料は一切使いません。
ビタミン・ミネラルをたっぷり含んだ緑の草を与え、鶏の健康にも気を配ることで、元気な卵が生まれます。

【有精卵】雄鶏と一緒なので、自然なかたちの有精卵です。生きているので卵にひそむパワーが違います。

【無洗浄】卵は呼吸しています。洗ってしまうと鮮度が落ちるおで、洗卵せずにお届けします。

はい、こちらが鶏舎。
この中に鶏がいます。
立ち入りは禁止だそうですが、
遠くから見ても、ホントに元気に鶏たちが遊びまわっていました。
じろえむの鶏舎


料金は1500円~3000円まで500円刻みでおかずの数が2品ずつ増えます(税別)。

帰りにはここの卵を使ったマヨネーズをお土産に♡
じろえむのマヨネーズ

1日何組も入らないだろうし、材料一つ一つを吟味していて、すべて手づくり!!!

はっきり言って、これは儲からないだろうな~。
採算度外視!!!
 「自然食をみなさんに提供しよう!」
その理想を胸にこのようなお店をやられているのだと思います。
スバラシイ。
また、立ち寄りたいお店ですね。

【住所】千葉県南房総市山名2011
【アクセス】JR館山駅から車で20分/館山道富浦ICから20分
【TEL】0470-36-3872
【営業時間】10~15時(要予約、夕食応相談)
【休】不定休


スポンサーサイト

ページのトップへ

高崎パスタ

全国のB級グルメが花盛りですが、群馬県高崎市は、“パスタの町高崎”で売っているそう。

パスタって、東京でいくらでも食べられるから売りにはならない気もしますが、もともと小麦文化の土地柄、麺はおいしく、分量も多かったり、地元産食材を使っていたり、パスタ専門店の数も多いらしい。
「キングオブパスタ」というコンテストもあるんだとか。

高崎観光協会は、「たかさきパスタマップ」なるものも出しています。

行こうと思っていたレストランがお休みだったため、駅ビルの上にある「ホテルメトロポリタン高崎」のランチメニューを。ここも、パスタがあります。

選べるメインメニュー+サラダと前菜、パン、ドリンク類がブッフェでついて、平日1200円~。
かなりお得。超混雑しておりました。



ページのトップへ

ノラボウ

東京・日野にて。

某家の軒先で自家農園で採れた野菜や鉢植えのイチゴ、お花を売っていました。そのなかに見たことのない野菜が…。

名前は「ノラボウ」。五日市など多摩地方でとれる春の青菜です。アブラナ科で、茎の部分に甘みがあるそう。青々とした葉がきれいだったので、1束買ってきました。

「トウ(茎)の部分から鍋に縦に入れてゆでるといいよ」とおばちゃんに教わり、帰ってからおひたしに。

10数秒さっとゆがいただけのノラボウをざくざく切り、お醤油とかつおぶしをかけただけのシンプルなおひたしですが、苦みやえぐみもなくて、すっごいおいしい。

続いて、バターいため。これもなかなか。
次の日はうどんの具に。

料理らしい料理ではないですが、ノラボウ、いける!

おひたし、胡麻和え、味噌汁の具、天ぷらなどにいいそうです。

また買ってこようっと~。

ページのトップへ

英世ちゃん晩酌セット

054.jpg
いわき湯本の夜は、1000円ぽっきりで、大満足。

50店が参画している英世ちゃん(1000円)セットを出しているお店にて。

「山翠」のご主人、佐藤隆一さんは湯本七福神会の大黒様。

七福神の衣装を身につけて記念写真を撮りました。

ページのトップへ

ヘルシージェラート

東京・広尾のイタリアンレストラン、アクアパッツァが、4月にオープンしたジェラテリア「CREMAMORE」。

ショーケースに色とりどりに並ぶのはトマト、パイン、レモン、抹茶など天然素材を使ったジェラート。

つぶつぶや野菜の繊維もそのまま残った、甘すぎず、ヘルシーなテイストです。

20090903160437


私が注文したのは「セロリ」とミルクとキャラメルの「シュシュ」。
20090903160439

2つの味のハーモニーが絶妙です。

3つまで選べて、シングル450円、ダブル500円、トリプル550円。

TEL 03-5447-5503

ページのトップへ

水上温泉の焼きカレー

P1020515.jpg
群馬県・みなかみ町で人気の「焼きカレー」。

地元の人に聞いてやってきたお店は、亜詩麻というカフェレストランです。

「焼きカレー」というのは、ご飯、カレーの上にチーズをたっぷりかけてオーブンで焼いたもの。

ソーセージと野菜、地元産舞茸としめじなど4種のトッピングがあります。

ミニサラダとドリンクがついた焼きカレーセットは1580円。

ページのトップへ

焼津のおいしい店

今回の取材は静岡・焼津からスタート。

「焼津さかなセンター」は焼津港で揚がった魚や各地の海産加工品などが売られています。市場内にもいくつか店はありますが、昼食は、魚屋さん「マルマン鷲野商店」がやっている食事処「まるまん」へ。市場のすぐ横にあって、座敷席と椅子席があって寛げるお店です。

口の中でとろける、とろっとろの「中トロ海鮮丼」は1500円。
P1010617_convert_20090305214607.jpg

美味しかったけれど、本では紹介できそうにないので、とりあえずブログでご紹介~。

ページのトップへ

松之山ナイト

松之山温泉の若旦那衆と東京・人形町のおすし屋さん「プレジール」にて。
P1010038.jpg
松之山温泉には私と同じ高校出身の若女将が2人もいます。しかも1人は高校のクラスメート。世の中、狭いものですねー。

今日は、東京・表参道の一等地、表参道ヒルズの裏に松之山温泉の足湯が出現しました。
P1010032.jpg

暑いなか、熱い温泉に足を浸すのは敬遠されそうですが、あ~ら不思議。足の疲れもとれて、スッキリ。夏休みということもあって、小さなお子さんが気持ち良さそうに足湯をしていました。

新潟の物産販売やPRを行う「新潟館・ネスパス」では、たまにこんな観光地のPR活動をやっています。
他にも出展している温泉地がいくつかあって、アンケートに答えたら、五頭(ごず)温泉郷のおいしいお米をもらってしまいました。

本日が最終日なので、告知にならなくてごめんなさい・・・。

ページのトップへ

岩魚一本丼

本日の昼食は岩魚一本丼。
黒湯 012
開いた岩魚を甘辛く味付け、さっくり揚げて頭から尻尾までバリバリいけます。油っぽくなくて、おいしい丼でした。

場所は、秋田・抱返渓谷、駐車場横のお茶屋さんです。

ページのトップへ

新屋のやきとり丼

やきとり丼がおいしいと宿の人に聞いて、寺湯地区から坂をのぼって「新屋」という食事処にやってきました。
やきとり丼はこんな感じ。甘辛く味付けされた香ばしいやきとりが乗っています。
P1000049.jpg
わざわざこれを食べにくる人もいるそう。
外は相変わらずの雪。
取材を終えて早く湯めぐりしよう。

ページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。