FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

山梨のテレビが東北の湯治場を取材♪


東北の湯治場で、山梨のテレビと遭遇。

そういえば、始発の新幹線で、同じ車両に乗ってた! 東京からでも十分朝早いのに、彼らはいったい、何時に出てきたんだろう〜??

#てててTV
#YBS山梨放送
#1月28日OA
#楽しそうな番組です
#テレビの横でスチールカメラも撮影
#私は出ていませんが山梨在住の方見てください


iPhoneから送信

スポンサーサイト



ページのトップへ

日経プラス1




本日の日経プラス1に、有馬温泉をご紹介しました?


珍しく、半混浴風呂のモデルは、自分 ^ ^

新聞なので、ウェブ記事にはない切り口とニュース性を心がけて取材するようにしています?

このときの写仏体験、家内安全を祈願しました?みなさまもぜひ。

ご対応くださった御所坊の金井さん、ありがとうございました。

ページのトップへ

支笏湖の神社




国立公園内に、神社なんてあるんですね。



支笏湖で、神社に御礼祈願。
今年は自然と親しむぞー。


支笏洞爺国立公園は、国立公園に指定されて70周年。昨年10月からいろいろなイベントが行われてたみたい。来る前にビジターセンターの情報をチェックしてから来るといいよね。


冬ならではのイベント、
1月24日から行われる氷濤まつり、

今年はどこも雪不足で大変のようですが、鋭意準備中です〜!


ページのトップへ

白根館、3月から日帰りのみに


「明日はきっと雪かな」と、マタギの宿主が言うから、明日はきっと雪になるだろう。

2月いっぱいで宿泊業務を辞めるという話を聞きつけて、夫と相談してぜひにと、山梨・白根館にやってきました。

「温泉の何かの成分に反応して、イジョーに眠くなるんだよな、ここの温泉は」という夫。三大大好き湯の一つに入っているらしい??

常に、交感神経優位な夫を、ここまで脱力させる湯の威力、アッパレ??

そして、うまい山菜とかのし(鹿)鍋。
ここの料理は野菜がうまいんだな。

辞めないで〜って思っちゃう。。。


ページのトップへ

【豊富温泉】NIKKEIプラス1に掲載しました

昨日のNIKKEIプラス1は、北海道の豊富温泉を取り上げました。
moblog_8eeefd95.jpg

大人になってから発症する人、
子供の頃から治らず困っている人の数が非常に多いアトピー性皮膚炎。豊富温泉はアトピーにいいといわれている温泉です。
moblog_d181539b.jpg
今回は新聞記事らしく皮膚科医の先生にもコメント取りし、掲載しました。

このコーナーは、いつも取材先から、「すごい反響だった!」と嬉しい反応をいただくことが多いのですが、今回は読者の方から直接メッセージをもらったりもして、新聞の影響力の大きさを改めて実感しております。

この記事は、日経のデジタル版にも掲載する(写真点数を増やして??)とデスクより連絡がありましたので、デジタル版ご契約の方、みてくださいませ。

ページのトップへ

12月6日えびの温泉

白鳥温泉@えびの市

地獄あり、






蒸し風呂あり、
2019shiratori_mushiyu.jpg

カルデラの地形を望む絶景風呂あり、


国立公園内ならではのよくばり&ワイルドな温泉。

泉質は単純温泉だけど、鉄分と炭酸味を感じる個性派。蒸し風呂の蒸気を大きく吸い込めば呼吸も楽になる。




素泊まり宿泊もできて、こりゃいいね!
@国立公園
@国立公園満喫プロジェクト
@霧島錦江湾国立公園
@白鳥温泉上湯


ページのトップへ

日経プラス1に人吉温泉を紹介しました♪

すべてのお疲れ現代人に??
本日のNIKKEIプラス1湯の心旅、
熊本県の人吉温泉を紹介しました♪



毎日のように共同湯に通ってくるおじちゃん、おばちゃんたち。なかには90歳を超える人もいる。高齢の方が元気で過ごせるのも、近くにこんな温泉があるからじゃないかな〜。ホント、うらやましい。
2019hitoyoshi_motoyu.jpg

会う人会う人、みんな年齢より5歳か10歳は若くみえたのには驚きました。

人吉の人は、
「共同湯」「共同浴場」とはいわず、「公衆浴場」という言い方が一般的だというので、本文でも公衆浴場という記述にしました。

人吉、ファンになりました。

お湯はいいのは当然で、
野鍛冶からスタートした鋼の包丁やら、
moblog_7bdb1b95.jpg

敷地内に源泉を持つ焼酎蔵やら、
ランチタイムにご飯が出てこない餃子屋さんやら、そば+そばをセットにしたランチメニューやら、楽しいとこありすぎ。


紙面は限られているので、その全てを紹介できないのが歯がゆいくらい。
次回は人吉シャツの工場にも行ってみたい??

ページのトップへ

山梨の特集



初心に戻って、クライアントもののお仕事を久々に。三菱のエレベーターが設置してあるビルオーナーさんが読者です。



甲斐国の信玄やワインや水晶や鳥もつ煮やあれこれ、取材しました。1回の取材で4日間も滞在したの、初めてー。山梨、よいところいっぱいありました?

この仕事以来、エレベーターに乗ったら、どこのかチェックするようになりました(^。^)

ページのトップへ

エフエム横浜に出演しました♪

前回に引き続き、ゆずの「ボサ箱根」のミュージックで登場させてもらいました〜。





エフエム横浜の「ちょうどいいラジオ」。



8時1image1.jpeg0分〜生放送で15分ほど、敬老の日前にシニア向けの温泉、ご紹介。




光邦さん、やさしい。握手して帰ってきた(単なるミーハー(^O^)


image2.jpeg


ついでに横浜の風を満喫!
image3.jpeg

ページのトップへ

新聞の反響


仕事をしていて、一番嬉しい瞬間。

【お客様からの反響があった】というとき。

私がこの仕事をし始めた2006年、フリーになりたての頃は、今ほどネットの力がすごくなかったから、紙媒体がそれなりに力を持っていた。

だけど、徐々に、悲しいかな、紙媒体が力をなくしていった。制作している私の方も、反響を確かめることもいつしかしなくなっていた。

それが。。。
今描かせてもらっている日経新聞は、別格。

「朝から夕方16時くらいまで電話が鳴り止まず、びっくりして」と取材先である宿の人から、わざわざお礼の電話をいただいたのは、実は初めてではなく、3回目。

先日取材した箱根湯本の宿は、
当日だけで、40件くらいの電話。
ファクス、インターネット予約まで含めると100件の問い合わせがあった、と。しかも、首都圏のみならず、鹿児島や兵庫、北海道など10を超える都道府県から。

読者にとっての有用な話題を提供できて、反応してくれる人がたくさんいることに、著者としてフツフツと嬉しさが込み上げてきて、一人にんまりとしてしまうのである?



ページのトップへ