温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

日本温泉協会の理事会



業界紙記者だった20代の頃にはこちらの会長に年1回インタビューをさせていただいておりました。

あれから15年以上の月日が流れ、
秘湯のボスから電話がかかってきて、温泉協会の理事を拝命したのが3年ほど前。。。

最近じゃ、
どこに行っても、中堅かベテランの域に達する年齢になってきた私ですが、ここでは、まだまだ、青いーーー。
きっと、最年少(笑)

そして、本日は長年お世話になった寺田専務理事のご退任。

月日の流れるのははやい。

スポンサーサイト

ページのトップへ

昭和9年10月号で川端康成を発見!




川端康成が書いている!
ととある講演で聞いて、原本を確認してきました。

月刊『温泉』の昭和9年10月号掲載の「温泉雑記」。

この頃の誌面をみると、世相がうつし出されますね。

ページのトップへ

第5回国立公園満喫プロジェクト有識者会議



昨年から委員になっている「国立公園満喫プロジェクト」の第5回目の有識者会議が、東京・内幸町で行われました。

今回はすでに進みつつある、阿寒国立公園・川湯温泉街の廃屋や日光国立公園内の廃屋のガソリンスタンドの撤去、十和田八幡平国立公園・岩手山の主要登山口の看板の整備、日光国立公園の電線の地中化、

伊勢志摩国立公園の横山展望台への天空カフェの設置、那須平成の森フィールドセンターへのカフェスペースの設置など取組状況の説明と、プロモーションや8公園から18公園への展開に向けた今後の進め方について話し合われました。

経済波及効果を高めるには「滞在」がキーポイントになってきますが、まだまだ
自然体験、アクティビティと宿泊施設の連動がほとんどなされていないところが多く、外国人のみならず、日本人にすらその魅力が伝わっていないことも多いので、そんなところが改善していくといいなと思います。

ページのトップへ

譏・縺ァ縺吶?笨ィ

ページのトップへ

湯口の飲泉許可



飲泉所は別にないと保健所の許可はおりない、とばかり思っていましたが、例外もありました。

ここの社長さんにお聞きしたところ、制度ができる前に許可を出してしまっていたから、特別にOKなんだとか。

なにげなく、コップがおかれてました。あわーい硫黄の味。

なによりも、このエメラルドグリーンに癒される朝@上山田ホテル。


ページのトップへ

湯田中のニューオープン!


2月1日、プレオープンのお宿は、まちづくり会社「株式会社WAKUWAKUやまのうち」が手掛ける第5弾!

片泊まり(一泊朝食)が基本。
和紙のあかり作家、菊地さんの作品が館内を優しく彩ります。

跡取りのいない宿を再生し、旅館をやりたい県外の異業種や旅館従業員の若手が運営していく。新しい旅館経営の挑戦が町をあげて始まっていました??


ページのトップへ

平塚のサウナ






サウナが付帯施設のところはよくあるけれど、ここ、太古の湯は、サウナがメインディッシュ。


大きなサウナの中で、日に6回(休日は8回)もロウリュサービス! 天然の精油が使われています。


そして、塩分のある源泉かけながし浴槽の隣には、茶色い冷泉。井戸水らしいけれど、分析すれば、立派な温泉でしょう。


露天には三菱レーヨン製の炭酸泉。泡が細かく溶けている模様。


サウナで火照った体を湖で冷やす、あのフィンランドのサウナ入浴法のような体験で、モヤモヤとした頭もシャッキリ、冴えわたります!!


平塚サウナ、恐るべし。


仕上げは食事処。どこぞのチェーンのような画一化された味じゃあなく、町のレストランを彷彿とさせる施設。きちんと手づくりしてる感じもいい。


安いし、和める!


ページのトップへ

三浦の健康温泉






三浦大根を抜くと、農家のおばちゃんたちはかなり、腰が痛くなるそうで、その腰痛を癒してきたのがココ、マホロバマインズ三浦。


塩辛い温泉を使ったプールは打たせ湯ドバドバ。水流の中で大股でウォーキングをすれば、内転筋を鍛えて腰痛予防に! ぬるめなのに、入った後はポカポカになります。


今夏には、岩盤浴(プールエリアにあるのは岩盤浴とはうたえないので、違う名称)も登場して、更に、充実!!


笑いと指ヨガ、呼吸法で免疫アップをはかる、福ヨガも宿泊者向けにやってます!!


ページのトップへ

厚生福祉に特集記事書きました。


時事通信社が出している「厚生福祉」というちょい硬派な媒体に、「現代版湯治と予防医療」の記事を入れさせていただきました。


一回目はえのすぱ。

これから、各地の取り組みを順に掲載していきます。5ページなので、それなりに分量あり、こまかなことまで入れられました。


行政の方など、購読されている方いらっしゃれば見てくださいませ❣


ページのトップへ

ダイワハウスの会員誌






ダイワハウスの会員誌で、絶景温泉のページや、銭湯ページ制作を担当させていただきました!

写真もきれいで、見ごたえ十分です!

ダイワハウスで過去に住宅やマンションを建てたお客様、ご入居者様に届く雑誌で、発行部数は40万部とのこと。

最近の雑誌で一番読まれているもの、それは・・・・・・会員誌かもしれませんね^^


ページのトップへ