FC2ブログ
温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

中部山岳国立公園活性化委員会


本日は岐阜県高山市丹生川支所にて、
「中部山岳国立公園活性化委員会」の会議に参加してきました。



今年度進めていく事業案を審議、意見を述べてまいりました。


moblog_8d14f9d2s.jpg

スポンサーサイト

ページのトップへ

わたしが温泉に惹かれた理由



あまりに昔すぎて思い出せなくなった過去の気持ち。

なぜ、わたしが温泉に惹かれたのか。

旅に出ると気持ちが高揚する。
新幹線に乗るだけで、ワクワクして、心が踊り、しあわせな気持ちになったものだ。

「のぞえさんにも、そんな少女のような気持ちがあったんですね!」と、一緒に仕事をしているカメラマンさんが失礼なことを言っていたが、たしかにそんな日々があった。

20代の頃の私は、温泉宿に泊まれば、翌朝5時には目が覚めてそそくさと浴室へと向かった。なぜなら、温泉が待っているから。温泉に入ると元気になる。気持ちが踊って、全身に力がみなぎってくる。しあわせに包まれる。いまでも、もちろん、温泉は大好きだけど、5時に起きて温泉に行くことはなくなった。せいぜい、6時。下手したら7時をまわっている。

テーマからはずいぶんずれた。。。

わたしが温泉に惹かれた理由は、

あまりに疲れ切ったこころを解き放って元気を蘇らせてくれるエネルギーをそこに感じたから。

おそらく、かなり、疲れていたんでしょうね(笑)
新卒で銀行に入ったわたし。
適性のない仕事をするというのは恐ろしいことで、ある日、全身蕁麻疹が出て、1週間経っても全く消えず、足の裏まで痒くなりました。そして、いつまでも消えてくれない。今思えば、心が悲鳴をあげてたのでしょう。

そこから長い年月がすぎて、さまざまな経験をして、新幹線に乗るだけじゃあ、ワクワクすることはなくなった(笑)。仕事の移動なら短ければ短い方がいい、と思うようになった。歳をとるということは、経験値があがる代わりにちょっとしたことでは感動しなくなる。そういうことかもしれない。

あるいは、いまは、自然の中に行ったり、温泉のパワーを借りたり、非日常にしあわせを求めなくても、それなりに毎日を楽しく過ごせるようになったのかもしれない。

日々の生活にそれなりの充足を感じて、気持ちがそこまで、外に向かわなくなった。

それでもまだ旅に出かける理由をあえて挙げるとすると、旅に出ることで感性が刺激されて人生が劇的に変わっていくから。

運は動より生ず。
そこに温泉があれば、固まったこころを解きほぐしてくれるからなおいい。

固い心をやわらかくすると、いいものを吸収する余裕も生まれる。

人生はステージによって、感じることが変わっていく。豊かな年齢を重ねていくためにも、もっともっと感じることを大事にしていきたい。






ページのトップへ

霧島のオーベルジュ




昨年末、料理の繊細さに感動して、

もっと多くの人に知ってほしい??と、
今年再び取材に出かけました。

本日のNIKKEIプラス1で紹介。


オーベルジュ異人館。
鹿児島に行く機会がありましたら、お料理を味わいにぜひお出かけを。


パティシエの奥様、
フロアの娘さんの3人家族が温かく迎えてくれますよ??




ページのトップへ

熊本県温泉協会で講演





3月12日、
熊本県温泉協会で講演させていただきました。

テーマは、「ここ10年の旅館業界、温泉業界の変遷」。


インターネットが浸透するに従って、
これまでの業界地図が塗り変わり、追う側が追われる側に、これまであまり知られていないような家族経営の小さな宿がトップに躍り出るなど、変化の波が激しい時代。

そんな時代でもやっぱり、
強みを見つけて、宿を磨くことが大事。


いくつか事例を紹介させていただきましたが、
思えば民宿からの脱皮組、条件の悪い宿が努力して2軒目をやっているようなケースが多く見受けられる。

そんなお話をさせていただきました。



熊本県の方々と名刺交換したので、熊本の温泉、回りたいと思います??


最後の写真は、熊本県温泉協会の緒方さんからいただいた、くまモンの写真!!


iPhoneから送信

ページのトップへ

日経プラス1に高峰温泉を紹介



何度行っても色褪せない宿がある。
右脳に訴えてくるような気づきがある。
こういう宿は、経営してる人の心のありようが反映されている気がします。

記事にするときは、
私というフィルターを通じて、人の内面の輝きとか、目に見えない空気感をなんとか、
感じてもらいたいと思っている。

それが、こういう仕事をしている者の使命かと。

本日の日経プラス1、高峰温泉の後藤社長を紹介させていただきました(顔写真は載ってません)


奢らず、淡々と。
自分の時間もなしにお客様サービスに徹しているような印象。

ありがとうございました。

ページのトップへ

西郷どんの湯




帰るまでの時間があるので
「西郷どんの湯」。


明治維新の立役者、西郷隆盛が通った日当山温泉の元湯。

地下400メートルから自噴してて、とっても気持ちいい温泉でした。

温度計は44度を指していたけれど、鹿児島の湯はそんなに高温ではなく、普通に入れる。

地元の人たちは回数券を使用。

250円。

道路を挟んだ反対側には宿泊できる旅館もありました!


ページのトップへ

お口直しに。

メニューに載っていない、お口直し


がまた、おいしくって。




料理のおいしい宿だと、


どんどん食べ進んじゃう。

image1.jpeg

ページのトップへ

江戸の湯めぐりの企画展





昨日、国立公文書館の企画展「温泉〜江戸の湯めぐり〜」に行ってきました。

江戸時代の龍神温泉のお風呂は芋洗状態?



草津は、各地から草津までの距離を記していたりと昔からPRで他の温泉地より突出してる。でも、湯の効能があるのは男40歳、女35歳までと記されていた?まぁ、江戸時代は、平均寿命が50歳以下だったかな?


一本堂薬選(香川修徳著)には、
温泉の効能や選び方が記されているけれど、なかでも、極熱(非常に熱い)の温泉が良いとされ、城崎温泉の新湯が第一と記されている。

熱い湯はよくないと現代医学ではいうけれど、そのあたり、本当はどうなんだろう・・・。もう一度どこかの研究機関で研究してほしいー!

平日の昼間は空いてて、ゆっくり見れます。
温泉の古文書を集めた企画展は珍しいですよねー。
みなさまもどうぞー??

#国立公文書館館
#温泉〜江戸の湯めぐり〜
#温泉ライター
#野添ちかこ

ページのトップへ

温泉資源の有効活用とは?





本日は静岡県温泉協会の中部支部温泉管理研修会に参加させてもらいました。

主に温泉施設の温泉管理者のための研修会。私は環境省が進める「新・湯治」プロジェクトの趣旨説明および対象施設さまへのヒアリングのために、日本健康開発財団様に同行させていただきました。

第1部では、中部保健所の曽根氏による温泉施設の衛生管理、レジオネラ属菌対策、


環境省・温泉地保護利用促進室の田邊氏、
日本健康開発財団温泉医科学研究所の早坂先生より新湯治とその効果の把握、

温浴振興協会の諸星氏による
タトゥーやLGBTなどのマイノリティー問題について考える。

第2部では、会場となった川根温泉ホテルのメタンガスを使った自家発電の現場を見学させていただきました。

川根温泉は静岡県でも最大級の毎分730リットルもの湯量を誇り、宿泊施設と日帰り入浴施設に供給していますが、温泉に付随してメタンガスが30立方?/hもでていて、これで25kwhのコージェネレーションが最大4基(夜間2台)稼働できるそうです。

日帰り温泉施設でありながら、鉱業権を設定し、川根温泉鉱山として、毎日職員がガス点検器を持って点検作業を行なっているそう。

これまではただ空中に放散していた天然ガスを使って電気と熱量を行い、電力コストを削減する。全国的にも珍しい取り組みです。

施設は島田市の持ち物。
指定管理で民間が運営しています。





ページのトップへ

エフエム横浜「ちょうどいい時間」

朝からラジオ。

image2.jpeg




エフエム横浜の「ちょうどいい時間」。



生放送10分のために、5時起きして


横浜生まれの温泉ライターとして呼んでいただきました

image3.jpeg




パーソナリティの光邦さんと一緒に写真撮らせてもらいました。

image4.jpeg

ページのトップへ