温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa News 温泉と宿のライター 野添ちかこの Via Spa

News

プロフィール

過去のお仕事

Blog

お問い合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページのトップへ

温泉利用型健康増進施設連絡会の総会


温泉を利用して、医療費控除の対象になる、あんまり知られていない、厚生労働省の認定施設「温泉利用型健康増進施設」。

なんだか、漢字ばかりで、非常に覚えにくい?

はい。わたしも、やっと、覚えました(笑)

昨年、財団さんからご依頼を受け、施設のヒアリングを行い、調査報告書をまとめさせていただいたご縁で、本日は連絡会の総会に出席してきました。

20施設で、
申請件数は89件(昨年)。

今年7月には、エリアで登録できる「連携型」に北海道の豊富温泉が認定されたのを受け、これから注目を集める(はず)!!

温泉と医療の連携に最も近い温泉施設だと思います。

スポンサーサイト

ページのトップへ

岐阜県中部山岳国立公園活性化懇談会の会議






明日から郡上躍りがスタートする、郡上八幡で、岐阜県の中部山岳国立公園活性化懇談会が行われました。

現状の課題を把握し、具体的なアクションを起こしていくための基本構想を作っていくための集まり。

知事、市長、県会議員さんなどにもご臨席いただき、かなり突っ込んだ議論が展開されて、楽しかった。

こういう会議で楽しい、というのはあまりないこと。

会議のあとは、白山開山1300年記念「山の日」シンポジウムin郡上で涌井先生の記念講演「スピリチュアル・ランドスケープ(精神的標)の象徴 白山」を聞いて帰ってきました。

うしろ髪引かれながら、日帰りします。。。

ページのトップへ

日光、これから変わるらしいです

池袋の西の東武に、東の西武、

ページのトップへ

日本温泉協会の理事会



業界紙記者だった20代の頃にはこちらの会長に年1回インタビューをさせていただいておりました。

あれから15年以上の月日が流れ、
秘湯のボスから電話がかかってきて、温泉協会の理事を拝命したのが3年ほど前。。。

最近じゃ、
どこに行っても、中堅かベテランの域に達する年齢になってきた私ですが、ここでは、まだまだ、青いーーー。
きっと、最年少(笑)

そして、本日は長年お世話になった寺田専務理事のご退任。

月日の流れるのははやい。

ページのトップへ

昭和9年10月号で川端康成を発見!




川端康成が書いている!
ととある講演で聞いて、原本を確認してきました。

月刊『温泉』の昭和9年10月号掲載の「温泉雑記」。

この頃の誌面をみると、世相がうつし出されますね。

ページのトップへ

第5回国立公園満喫プロジェクト有識者会議



昨年から委員になっている「国立公園満喫プロジェクト」の第5回目の有識者会議が、東京・内幸町で行われました。

今回はすでに進みつつある、阿寒国立公園・川湯温泉街の廃屋や日光国立公園内の廃屋のガソリンスタンドの撤去、十和田八幡平国立公園・岩手山の主要登山口の看板の整備、日光国立公園の電線の地中化、

伊勢志摩国立公園の横山展望台への天空カフェの設置、那須平成の森フィールドセンターへのカフェスペースの設置など取組状況の説明と、プロモーションや8公園から18公園への展開に向けた今後の進め方について話し合われました。

経済波及効果を高めるには「滞在」がキーポイントになってきますが、まだまだ
自然体験、アクティビティと宿泊施設の連動がほとんどなされていないところが多く、外国人のみならず、日本人にすらその魅力が伝わっていないことも多いので、そんなところが改善していくといいなと思います。

ページのトップへ

湯口の飲泉許可



飲泉所は別にないと保健所の許可はおりない、とばかり思っていましたが、例外もありました。

ここの社長さんにお聞きしたところ、制度ができる前に許可を出してしまっていたから、特別にOKなんだとか。

なにげなく、コップがおかれてました。あわーい硫黄の味。

なによりも、このエメラルドグリーンに癒される朝@上山田ホテル。


ページのトップへ

湯田中のニューオープン!


2月1日、プレオープンのお宿は、まちづくり会社「株式会社WAKUWAKUやまのうち」が手掛ける第5弾!

片泊まり(一泊朝食)が基本。
和紙のあかり作家、菊地さんの作品が館内を優しく彩ります。

跡取りのいない宿を再生し、旅館をやりたい県外の異業種や旅館従業員の若手が運営していく。新しい旅館経営の挑戦が町をあげて始まっていました??


ページのトップへ

平塚のサウナ






サウナが付帯施設のところはよくあるけれど、ここ、太古の湯は、サウナがメインディッシュ。


大きなサウナの中で、日に6回(休日は8回)もロウリュサービス! 天然の精油が使われています。


そして、塩分のある源泉かけながし浴槽の隣には、茶色い冷泉。井戸水らしいけれど、分析すれば、立派な温泉でしょう。


露天には三菱レーヨン製の炭酸泉。泡が細かく溶けている模様。


サウナで火照った体を湖で冷やす、あのフィンランドのサウナ入浴法のような体験で、モヤモヤとした頭もシャッキリ、冴えわたります!!


平塚サウナ、恐るべし。


仕上げは食事処。どこぞのチェーンのような画一化された味じゃあなく、町のレストランを彷彿とさせる施設。きちんと手づくりしてる感じもいい。


安いし、和める!


ページのトップへ

三浦の健康温泉






三浦大根を抜くと、農家のおばちゃんたちはかなり、腰が痛くなるそうで、その腰痛を癒してきたのがココ、マホロバマインズ三浦。


塩辛い温泉を使ったプールは打たせ湯ドバドバ。水流の中で大股でウォーキングをすれば、内転筋を鍛えて腰痛予防に! ぬるめなのに、入った後はポカポカになります。


今夏には、岩盤浴(プールエリアにあるのは岩盤浴とはうたえないので、違う名称)も登場して、更に、充実!!


笑いと指ヨガ、呼吸法で免疫アップをはかる、福ヨガも宿泊者向けにやってます!!


ページのトップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。